発展途上国での試験のために火がついた後期COVID-19ワクチンメーカー

日本の製薬会社シオノギアンドカンパニーは、ベトナムでCOVID-19ワクチンのプラセボ対照試験を実施する契約を締結し、そのような試験に対する批判が科学界で高まっているにもかかわらず、フィリピンやその他の東南アジア諸国で拡大する予定です。 。

塩野義製薬の広報担当者によると、大阪を拠点とする同社は、12月25日からベトナムでの注射の有効性のテストを開始した。 調査の参加者は、最終的には合計50,000人のボランティアになるため、ワクチン接種を行うべきではないとスポークスマンは述べ、3分の2が接種を受け、他の参加者はプラセボを接種しました。 同社はまた、それがオミクロン株に対して有効であるかどうかをテストすることを計画している、とスポークスマンは付け加えた。

ワクチンをテスト段階に持ち込むだけのワクチン開発者は、先進国が非常に高度にワクチン接種され、すでにブースターワクチンに移行しているという困難な戦いであることに気づきました。 そのため、シオノギのような企業や、Walvax BiotechnologyCo。やXiamenInnovax Biotech Co.のような中国の製薬会社は、ワクチン接種率が低く、ウイルスがまだ活動している発展途上国を探しています。

塩野義製薬のテシロギ社長兼最高経営責任者(CEO)は11月1日のブリーフィングで、ワクチンの真のエンドポイントを評価する試験を実施する「これが私たちの最後のチャンスです」と述べました。 「COVID-19の発生を防いだことが示されているものだけがWHOワクチンリストに含まれることができます。」

ベトナムは、東南アジアの他の地域がパンデミックから脱しつつあるにもかかわらず、COVID-19との継続的な戦いを考えると、多くの点で理想的なターゲットです。 Bloomberg Vaccine Trackerによると、ベトナムは人口の約64%にワクチンを接種しています。

シオノギは、ワクチン生産技術をベトナムに移転し、地元の市民に投与できるようにすることに同意しましたが、ワクチンが十分に入手できない場所でプラセボ対照試験を実施することは非倫理的であり、搾取的である可能性があると主張する科学者もいます。 シオノギ株は今年45%上昇しています。

「ほとんどの国でのワクチン不足は、ワクチンを備蓄している豊かな国によって引き起こされています」と、パキスタンの腎臓センターの腎臓専門医であるAasimAhmadとMurtazaF.Dhroliaは今年初めの研究で書いています。 「非劣性試験など、信頼できる結果をもたらすことができる有効な科学的方法があり、豊かな国によって課せられた標準治療を適用することは非倫理的であり、おそらく搾取的です。」

しかし、世界保健機関は、リスクとベネフィットのプロファイルが許容できる限り、試験は一般的に正当化されると述べています。

感染の拡大はベトナムのサプライチェーンを混乱させ、米国や中国などの国から数百万回の投与を受けたにもかかわらず、ワクチン不足を悪化させました。 Our World in Dataの数値によると、G7諸国の約80%と比較して、世界の人口の半分未満が完全に免疫化されているため、発展途上国ではあなただけではありません。 セイシェル、モーリシャス、モロッコを含むアフリカの5か国だけが、人口の40%に完全にワクチン接種するという年末の目標を達成すると予想され、注射器へのアクセスが制限されると、10月の世界保健機関の立ち上げが遅れる可能性があります。

中国のWalvaxは、メキシコとインドネシアでのプラセボ対照試験で候補mRNAをテストしています。この試験では、初回投与のワクチン接種率はそれぞれ60%と64%未満です。

WalvaxのHuangZhen副大統領は、9月のインタビューで、一部の政府は、一部の参加者がワクチンを接種しない検査の企業からの要求を承認することにすでに消極的であると述べました。 Walvaxは、そのような試験の圧力のために規制当局の承認を確保することは困難であると感じた、とHuang氏は述べた。

Xiamen Innovaxは、南アフリカでのプラセボ対照試験に承認され、そこで新しいオミクロン変異体が出現しました。 同社は、プラセボベースの研究の難しさを考えると、他のいくつかのテストサイトでは新しい注射を既存の注射と比較しなければならない可能性があることを示しています。

塩野義製薬と第一三共株式会社も、米国のファイザー社とモデルナ社を中心に、人口の75%以上が既存のワクチンを接種している日本でこのような試験を実施する準備をしています。

シオノギは月曜日の声明で、2022年3月下旬に日本での規制審査のためにワクチンを提出する予定であると述べた。 国内市場での発売が優先されますが、他の市場での使用も検討されています。

「今でも、多くの国や地域でワクチンの供給が不十分です」と塩野義製薬は語った。 「私たちは、世界の健康への将来の貢献を視野に入れて、この試験を実施します。」

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。発展途上国での試験のために火がついた後期COVID-19ワクチンメーカー

Source#発展途上国での試験のために火がついた後期COVID19ワクチンメーカー

Leave a Comment