男女共同参画のために中央機関を検討している日本政府

政府は金曜日に、女性の経済的自立への支援を強化することを目的として、地域の男女共同参画センターの全国的な中央機関として機能する組織を設立する計画を作成しました。

この計画は、松野博一内閣官房長官が議長を務める同日男女共同参画評議会で作成された、2022年の女性のエンパワーメントと男女共同参画に関する優先政策措置の草案に含まれています。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。男女共同参画のために中央機関を検討している日本政府
Source#男女共同参画のために中央機関を検討している日本政府

Leave a Comment