男は飛行中のマスク関連のトラブルについて無罪を主張する

日本人男性は火曜日、COVID-19感染を防ぐための対策として、ピーチアビエーションのフライトにフェイスマスクを着用することを拒否したことに起因する問題について無罪を主張しました。

大阪地方裁判所での最初の審理で、強制的な事業妨害の容疑を否定した奥野淳也さん(35)は、「判断の誤りで飛行機から降りることを余儀なくされた。 」は、日本の大手航空会社であるANAホールディングスの傘下にある格安航空会社のピーチアビエーションによるものです。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。男は飛行中のマスク関連のトラブルについて無罪を主張する
Source#男は飛行中のマスク関連のトラブルについて無罪を主張する

Leave a Comment