燃料価格の上昇により、日本は精製業者への補助金を最大化することを余儀なくされています

日本のガソリン価格は過去13年間で最高水準にあり、政府は石油精製業者に最大限の補助金を出すことを余儀なくされており、また国のガソリン税を引き下げるための措置を検討している。

貿易省が水曜日に発表したデータによると、月曜日の同国の平均ガソリン価格は1リットルあたり175.2円(1.48ドル)でした。 これは10週連続の利益であり、2008年9月以来の最高レベルです。

政府は木曜日からガソリンなどの石油製品に最大25円の補助金を出し始めた。

ウクライナでの戦争は商品市場を荒廃させ、岸田文雄首相の政権が材料から基本的な食料品に至るまですべてのインフレ圧力に取り組んでいるため、課題が高まっています。 岸田文雄は当初、ガソリン補助金を1リットル5円から引き上げ、今月初めに原油コストの高騰を相殺するための支援パッケージを発表した。

これまでの政府の措置は、ガソリン価格の上昇を抑えるためにほとんど何もしていません。 しかし、補助金以外の追加措置を求める声が高まる中、岸田文雄とその与党自民党は、ガソリン税の「引き金条項」を再開し、課税を引き下げることが期待されていると地元紙の読売新聞は述べている。 しかし、最近の海外の石油価格の下落は、一時的にガソリンの上昇を抑制し、政府に圧力をかける可能性があります。

他の国々もガソリン税を緩和する動きを見せており、ニュージーランドとスウェーデンは今月、燃料税の一時的な引き下げを発表しました。

岸田文雄は火曜日、アラブ首長国連邦に対し、原油価格の高騰を安定させるために、主要な石油生産国として「積極的な貢献」をするよう要請したと語った。

岸田文雄は、シェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒャン皇太子との電話の後、記者団に対し、日本と国連安全保障理事会の常任理事国であるアラブ首長国連邦も、ウクライナの危機に対応するための緊密な調整を模索すると述べた。

アラブ首長国連邦はOPECのメンバーであり、サウジアラビアとともに、資源の乏しい日本への主要な輸出国です。 今年は両国の外交関係樹立50周年を迎えます。

「OPECメンバーとしてUAEの積極的な貢献を求めた」と岸田は約15分の電話の後で記者団に語った。

「世界の原油市場の安定化に関しては、UAEの存在感は大きい」と首相は、生産量の増加を求めたかどうかを明らかにすることなく述べた。

ロシアは世界有数の原油と天然ガスの生産国であり、ウクライナでの戦争は地政学的リスクと供給の懸念を高めています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。燃料価格の上昇により、日本は精製業者への補助金を最大化することを余儀なくされています
Source#燃料価格の上昇により日本は精製業者への補助金を最大化することを余儀なくされています

Leave a Comment