照ノ富士春雄がさらに遅れをとる中、葵山が夏芭蕉で唯一のリードを奪う

横綱 照ノ富士春雄は金曜日の夏の大相撲でブルガリア11位として2度目の敗北を喫した。 前頭 碧山は6-0の記録で唯一のリードを取りました。

モンゴル生まれの照ノ富士春雄(4-2)は、ベテランのモンゴル第3玉鷲(5-1)に3回連続で敗れた。 横綱は怪我のために3月の春の大会から撤退し、ひざの問題が繰り返されて彼の最高の状態から遠く離れているように見えます。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。照ノ富士春雄がさらに遅れをとる中、葵山が夏芭蕉で唯一のリードを奪う
Source#照ノ富士春雄がさらに遅れをとる中葵山が夏芭蕉で唯一のリードを奪う

Leave a Comment