照ノ富士は完璧を保ち、貴景勝光信の敗北をリードする

横綱 照ノ富士は10日連続で優勝し、火曜日の九州大相撲で首位に立った。 大関 貴景勝光信は初敗を喫した。

モンゴル生まれの照ノ富士は、唯一のメジャーチャンピオンとしての最初のミーティングで、5位でタフな対戦相手に直面しました。 前頭 豊昇龍智勝(4-6)は、福岡国際センターで基地の腕を固定するために、彼の特徴的な技術の1つであるバーベルアームグラブを考案しました。

モンゴルの元偉大な朝青龍の甥である豊昇龍は、当初は左腕の下に帯を持っていたが、すぐにそれを放棄せざるを得なくなり、より大きな敵には答えがなかった。

照ノ富士春雄は、9月に横綱としてデビューした後、6回目の天皇杯に向けて2年連続で出場します。

貴景勝光信は、7月に首を負傷した後、トップフォームに近づいたようで、明星(5-5)を端から押し出し、その後、なんとか立ち止まった。 関脇振り下ろしてみてください。

しかし、明星からの強いプッシュにより、貴景勝は身を乗り出し、退場する前に明星の次の突きに対抗する余地がありませんでした。

No.15アビ(9-1)は貴景勝光信に追いつき、トビザル(5-5)と戦った後、照ノ富士のかかとを熱くし、激しい遭遇でNo.8からの厳しい抵抗を打ち破り、直接勝利を主張した。

初め コムスビ トップへの復帰に感銘を与え続けている 幕内 昨年7月にCOVID-19プロトコルに違反したとして3試合の出場停止処分を受けた後の分裂。

一方、関脇御嶽海(8-2)は、4番宝富士(4-6)の手で大きな損失を被った。 2度の第1師団の勝者は、左脇の下のベルトクリップをポイントガードに贈り、排除される前に攻撃の脅威を示しませんでした。

2敗で1日をスタートした3人のファイターは、トップグループの近くにとどまることに勝った。 No.6玉鷲はNo.9碧山(3-7)を簡単に破り、No.12北勝富士はNo.16佐田の海(6-4)を叩きました。

しかし、地元の人々から最大の歓声を上げたのは7番の浦(8-2)であり、力強くて小さなトリックスターは、彼が連れ去られる前に、より大きな11番の琴ノ若(3-7)に飲み込まれました。ショルダー。 あなたが勝利をつかむために後退するとき、振り下ろしてください。

タイトル争い以外では、大関商会(6-4)が5番高安(5-5)に追われたが、やがて前に出て元大関を送り出した。

新コムスビ霧馬山(3-7)は2位の阿武咲奎(4-6)に倒され、記録を失う寸前。もう1つのコムスビ、逸ノ城(4-6)は3位を押し下げた。妙義龍(2-8)後ろから。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。照ノ富士は完璧を保ち、貴景勝光信の敗北をリードする

Source#照ノ富士は完璧を保ち貴景勝光信の敗北をリードする

Leave a Comment