照ノ富士は夏の大相撲2日目に跳ね返る

照ノ富士春雄は、月曜日にランクとファイルの対戦相手である高安を破って、夏の大相撲での初日の敗北から立ち直ったが、勝利は怪我の打撃に対する疑いを払拭しないかもしれない 横綱の 健康。

負けた後 小結 かかととひざの怪我で3月のトーナメントからの撤退を余儀なくされて以来、大栄翔は最初の試合で、照ノ富士はまだ1位に対して彼のベストから遠く離れていました。 前頭 2日目国技館高安(0-2)。

ペアはジャンプの途中でロックされ、モンゴル生まれのヨコズナは最初は彼の好みのベルトグリップを確立することができませんでした。

ホールドを確保した後、照ノ富士は前者と前後に揺れ動いた 大関 対戦相手は、最終的にアームロックスローで彼を粘土に落としました。

2日連続で3人の大関のうち2人が敗者となり、相撲の2番目に高いランクのレスラーは15日間のトーナメントで無敗のままでした。

才能あふれる24歳の2番琴ノ若は、貴景勝光信を押し出した翌日、正大を打ち負かして2年連続の大関の犠牲者を出した。

オープニングの衝突で膠着状態に陥った後、琴ノ若は、庄台が彼を端に追いやり、一瞬押し下げて出て行く間、落ち着きを保ちました。

「(勝ったかどうかは)わからなかったが、自分の方向に公式のポイントが見えた」と琴ノ若は語った。 「私は静かに自信を持っており、それを続けたいと思っています。」

0-2のスタートは、降格の危機に瀕した3月に春場所に出場した正大のトーナメントへの別のサブパーの始まりを示しています。 かどばん 大関。

御嶽海は、この部門の他の若いスターの一人であるモンゴル人との最初の敗北を喫した。 小結 豊昇龍智勝(1-1)。

元横綱朝青龍の22歳の甥は、大関のオープニングチャージをそらしてストローに押し付けながら、フットワークと格闘技を披露した。

「このトーナメントに自信を持っている」と、3人で優勝デビューした豊昇龍智勝は語った。 三役 3月の横綱より下にランクされます。

「最終日までできるだけ多くの試合に勝ちたいだけです。」

貴景勝光信は、前日に庄台を破った霧馬山2位を追い出し、初優勝を飾った。

3月に角番としても戦った貴景勝光信は、霧馬山との平手打ちに引き込まれた後、不快そうに見えたが、なんとか地面を押さえて相手を追い出した。

3月のグランドトーナメントのチャンピオン、 関脇 若隆景渫は、前日に関脇アビを怒らせた巨人殺しの第3玉鷲に最初の敗北を喫した。

モンゴル生まれ 前頭 最初の不正スタートでしたが、2回目はマークを外れ、若隆景渠は関脇との最初の対戦で勝利を収めました。

アビは、強いオープニングチャージを受けて、3番北勝富士(0-2)を素早く突き出すことで、初日の敗北から立ち直った。

関脇はトップディビジョン復帰以来、2連覇で12勝を挙げ、3月の8-7フィニッシュの向上を目指している。

大栄翔は最初の敗北を喫し、 土俵 元関脇と現4位隆の勝伸明(1-1)を平手打ちで簡単に勝ち取る。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。照ノ富士は夏の大相撲2日目に跳ね返る
Source#照ノ富士は夏の大相撲2日目に跳ね返る

Leave a Comment