沖縄県知事は、米国の基地移転計画の変更を承認することを拒否します。

玉城デニー沖縄県知事は木曜日、法廷闘争につながる可能性のある、県内の主要な米軍基地の移転に関する中央政府の計画された設計変更を承認しないと述べた。

玉城首相は、宜野湾の住宅街にある普天間飛行場を名護市の辺野古の人口の少ない沿岸地域に移すという物議を醸している計画について、岸田文雄首相との対話を呼びかけているが、中央政府は反応の兆しを見せていません。

玉城氏は記者会見で、「(新基地の)建設を、完成の見込みがないまま続けることは容認できない。それは意味がない」と述べた。

普天間飛行場の機能をシュワブ海洋キャンプに隣接する新しい場所に移す計画の下で、空軍基地が占めていた土地の返還に関する1996年の二国間協定に沿って、中央政府は辺野古の土地を開拓する予定です。エリアウォーターとV字型の滑走路を構築します。

しかし、進展は遅く、多くの地元住民は、アメリカの基地が亜熱帯県の外に移転することを望んでいるため、この計画に固く反対している。

地方議会のある議員によると、昨年4月に国防省沖縄事務所から提出された、復旧計画地域の弱地に対処するための要請の承認を拒否することは、県の「切り札」となる。

知事は、国防省が最も深い地点をまだ確認しておらず、この地域の絶滅危惧種のジュゴンに対する設計変更の影響の可能性についての調査が不十分であったため、地形の安定性を十分に調査していないと述べた。

中央政府は早急な対策を講じることが期待されており、法廷闘争が続く可能性が高い。

何十年にもわたって日本で米軍施設のほとんどをホストしてきた後、沖縄の多くの人々は、米軍基地に関連する騒音、犯罪、事故に苛立ち、都道府県外にふてんま基地を移転することを望んでいます。

同日、松野博一官房長官は、辺野古への移転が唯一の解決策であるとの見解を維持し、日米同盟の下での抑止力を確保し、普天間飛行場がもたらす危険を排除する必要があると述べた。同時。 天気。

定期的な記者会見で、「普天間飛行場(占領地)をできるだけ早く復活させるために、できる限りのことをし、地元住民の理解を深める努力を続けていきます」と語った。

変更が承認されたとしても、新拠点での操業開始には少なくとも12年かかり、事業費は約9,300億円(80.6億ドル)となる見込みです。

沖縄県は、要請を受けてから国防省に約450件の質問を送り、計画の詳細を尋ねた。

県議会の一部の議員は、木曜日の玉城氏の決定を支持し、「埋め立て地に関連する港と土地の使用に対する裁判所命令として、矢筒に2本か3本の矢が必要だ」と述べた。

しかし宜野湾市長の松川正典氏は那覇市の記者団に対し、「基地占領地の返還合意から25年が経過した」として、風天間飛行場の返還がさらに長引いたのは残念だと語った。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ登録

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。沖縄県知事は、米国の基地移転計画の変更を承認することを拒否します。

Source#沖縄県知事は米国の基地移転計画の変更を承認することを拒否します

Leave a Comment