沖縄は全国的な急増が続く中、1,829件の新たな感染の毎日の最高値を記録

沖縄県は、伝染性の高いオミクロンの亜種の蔓延に後押しされて、土曜日に記録的な1日あたりのCOVID-19症例数を報告しました。

日本の米軍基地の70%が存在する沖縄は、土曜日に1,829件の新しいコロナウイルスの症例を記録したと述べた。

玉城デニー県知事は以前、米国の基地での不十分な感染対策と呼ばれるものに「激怒」しており、この亜種が一般に広まる可能性があると述べた。

それ以来、日本は米軍基地のある3つの地域でコロナウイルスの規制を強化し、感染対策の強化も発表しました。

日本は昨年11月にほとんどすべての外国人旅行者の入国を阻止したが、米軍は別の検査および検疫体制の下で人員を国の内外に移動させた。

COVID-19の上昇は土曜日にも東京で続き、首都は1週間前の1,224から4,561の新規感染を記録しました。 新たにウイルスに感染した合計2,224人が2回ワクチン接種されたが、1,035人はCOVID-19ワクチンの接種を受けていなかった。

重度の症状のある患者の数は4人で、金曜日より1人多い。 首都で1人の死が記録された。

NHKによると、大阪府も土曜日の1日あたりの症例数が3,000件を超えるという記録的な事件が発生する可能性が高いという。 隣接する兵庫県は1,191件を記録した。

一方、広島県は、初めて1,000件を超えた1,212件を記録し、京都府は、昨年5月以来、初めて600件を超えた695件を記録したのに対し、京都府は、725件の感染を記録した。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。沖縄は全国的な急増が続く中、1,829件の新たな感染の毎日の最高値を記録

Source#沖縄は全国的な急増が続く中1829件の新たな感染の毎日の最高値を記録

Leave a Comment