沖縄のレストランに行って、やぎじるやぎのスープなど、知らなかったものを試してみました。

の地元のランドマーク 石垣 持っている とてもユニークなメニュー

日本語では、 シル、また発音 ジル、は「スープ」を意味します。 たとえば味噌汁は 味噌汁、 と とんじる豚肉と野菜を使ったスープの一種で、一年の寒い時期に人気の食べ物です。

しかし、最近の旅行で 沖縄、これまで試したことのないものを見つけました。 やぎじる、 また ヤギのスープ

ヤギ自体は日本では非常に珍しいですが、動物は沖縄で飼育されています。 八重山島チェーン。 で八木ジルに会う 石垣島八重山列島の最東端、永福食堂というレストラン。

▼前面にやぎじるのサインもあります。

永福書道 石垣町の地元のランドマークであり、数十の国旗や昔ながらの船、飛行機、俳優の写真で飾られたレストランのユニークなインテリアだけではありません。 また、外向的な所有者でも有名です。 藤次邦弘

いつでも新しい味に挑戦する準備ができているので、やぎじる(1,000円)を注文するのに時間を無駄にしませんでした [US$8.70])、そして約10分後、東寺は心を込めてそれを私たちのテーブルに持ってきました 「ここにあります!」

スープは 塩とすりおろした生姜を添えて。 とうじは、生姜を全部使って、好みに合わせて塩を加えることをお勧めしますが、その前に山羊をそのまま食べてみたかったのです。

ヤギを初めて食べたので、衝撃的な味に備えていましたが、思ったほど強くはありませんでした。 ただし、少しガミディがありますので、子羊が苦手な方には向いていないかもしれません。

それにもかかわらず、 そのガミディティの多くは次の場合に消えます…

…生姜を混ぜる、味が柔らかく、肉質が良く、白ご飯との相性も抜群だと思います。 しかし、その代わりに、東寺は山羊のスープに続いて、レストランのもう1つの名物である トニーそば

俳優の赤木圭一郎の愛称にちなんで名付けられた、永福食道の地元のバージョンです。 豚肉のラーメン八重山、ただし豆腐キューブをトッピング追加。 思いもよらなかった組み合わせですが、とうじさんが美味しかったのでよかったです。

最後に、彼はグラスをお勧めしました ピパチチャイ お茶。 チャイティーにピパチと呼ばれる地元産の唐辛子のようなスパイスを加えて東寺が作ったもう一つのオリジナル作品です。

それは神秘的にさわやかな飲み物であり、長引く山羊のスープの味の味覚を浄化するのに十分鋭いです。 繰り返しになりますが、思いついたとは思いませんが、東寺の革新的な心と優しい性格のおかげで、私たちは入る前に存在することを知らなかった3つのものを好きにエイフク食道を去りました。

レストラン情報
永福食道/永福食道
住所:沖縄本島、石垣市、大川274
沖縄県石垣市大川274
Webサイト

写真©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

沖縄のレストランに行って、やぎじるやぎのスープなど、知らなかったものを試してみました。

Source#沖縄のレストランに行ってやぎじるやぎのスープなど知らなかったものを試してみました

Leave a Comment