水穂は、システム障害後の運用改善を政府に命じた

日本の金融当局は金曜日に、みずほ銀行とその親会社であるみずほフィナンシャルグループに、今年の一連のシステム障害に対する業務の改善と経営責任の明確化を命じました。

国の金融監視機関である金融庁は企業に事業改善命令を出し、財務省は銀行に適切なマネーロンダリング防止手続きがとられていないと判断して是正措置をとるよう命じた。 9月30日の8回目のシステム障害の結果。

みずほフィナンシャルの坂井辰文会長とみずほ銀行の藤原弘治会長が当日遅くに記者会見を行い、新たな経営陣を発表する。

知識筋によると、2人の幹部とみずほフィナンシャルの佐藤康博会長は、2月から9月にかけて8回のシステム障害が発生し、日本のメガバンクの1つに対する国民の信頼を失った後、来春辞任する。

みずほフィナンシャルは社長の空席を維持する予定であり、後任の酒井社長の後任は後日選出される。 銀行部門では、加藤正彦副社長が藤原氏に代わって社長に昇進する可能性が高いと情報筋は語った。

2月28日、システム障害により銀行のATMの約80%が一時的に停止され、5,000枚を超える銀行カードと銀行の帳簿がマシン内に残っていました。

当局がシステムの慢性的な故障の調査を完了した後、注文は11月19日に届きました。

代理店は水穂の監視を強化しており、8回目の失敗の前に発行された以前のビジネス改善命令で、システムメンテナンスの作業計画を提出するように要求しています。これは、メジャーのシステムを効果的に監視するまれな動きです。銀行。

FSAは、システム自体に大きな問題はないように思われるため、システムの不適切な管理と運用に関わる人員の削減が原因であると考えている。

みずほ銀行は、6月に4回のシステム障害を経て予防策を講じましたが、それ以降、同様の障害が4回発生しています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ登録

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。水穂は、システム障害後の運用改善を政府に命じた

Source#水穂はシステム障害後の運用改善を政府に命じた

Leave a Comment