母乳育児中に気分が悪くなったり動揺したりする:D-MERは母親の間では珍しいことではありません

一部の女性にとって、母乳育児は、ミルクを放出し始めるたびに、気分が悪くなったり、イライラしたり、不快に感じたりすることがあります。 不快性射乳反射(D-MER)と呼ばれるこの状態は広く知られていませんが、専門家によると、それは珍しいことではなく、母親は心配する必要はありません。

このような症状のある女性の中には、「母親としてふさわしくない」と感じて自分を責める人もいますが、これは産後うつ病や不安障害とは異なる生理学的現象であると専門家は言います。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。母乳育児中に気分が悪くなったり動揺したりする:D-MERは母親の間では珍しいことではありません
Source#母乳育児中に気分が悪くなったり動揺したりするDMERは母親の間では珍しいことではありません

Leave a Comment