母と息子は2年間日本で立ち往生した後、ソロモン諸島に戻ります

ソロモン諸島出身の72歳の女性が、娘の死の床にいるために来日し、COVID-19の大流行の中で2年間家に帰ることができず、ついに母国に帰国しました。

イザベル・トゥーシアと38歳の息子バルナバ・ヌヌは、2020年2月に日本を訪れ、愛知県豊橋市に住む日本人男性と結婚したシンデレラ・シラフジに会いました。 シンデレラは同じ年の5月にガンで亡くなりました。 彼女は34歳でした。

ソロモン諸島政府は、帰国した人々にコロナウイルスの2回のワクチン接種を義務付けましたが、トゥーシアとヌヌは観光ビザで入国したため、日本での注射を受けることができませんでした。

中日新聞の報道を受けて、昨年7月、都道府県と市町村は例外としてワクチン接種を認めたが、帰路の通過国で封鎖されたため、帰国できなかった。

ソロモン諸島政府が11月に入国の条件を緩和した後、彼らはようやくサポーターの助けを借りて航空券を入手することができました。

ローカルサポート

1月26日、愛知県常滑市の中部空港に、豊橋市出身の53歳のトマト農家である濱田昇さんと、豊橋市滞在中に二人を支えてくれた50歳の妻明子さんと一緒にいました。 。

夫婦はシンデレラの夫であるケンイチ(44歳)を通じてトゥーシアとヌヌと知り合いになりました。

濱田家は2020年5月に日本で何をすべきか迷っていたのを見て、2020年5月に農場で働くように誘った。明子は毎朝健一の家で彼らを迎えに行き、農作業をしていた。一緒に食事。

4人は仲が良かったので、一緒に出かけて歌い、金沢、石川県、富士山などを旅しました。

彼らのモットーは「人生は美しい」でした。 困難はありましたが、それでも彼らは人生は素晴らしいと信じていました。

トゥーシアはしばしば浜田家で賛美歌を歌いました。 「イエスは私の親友です」という歌を歌い、「昇と明子は私のイエスです」と彼女は言いました。

思いがけない別れ

トゥーシアとヌヌは1月26日に中部空港から一緒に日本を離れる予定でしたが、トゥーシアはフライトの朝までに通過国からビザを取得することができませんでした。

ハマダスはトゥーシアに物事はうまくいくと言い続け、一緒に撮った約300枚の写真が入ったアルバムを彼女に手渡した。 それから彼らは彼女と一緒に座って、彼女の不安を和らげるためにアルバムを調べました。

トゥーシアが視力検査を受けた時と、富士山麓でアイスクリームを食べた時の話を一緒に話しました。

搭乗時刻になったとき、トゥーシアはまだビザを持っていなかったので、彼女はヌヌに一人で戻るように言いました。 それらを見て、アキコは泣かずにはいられなかった。

バルナバスヌヌは1月26日に愛知県中部空港を出発します。 中日新聞

トゥーシアが出発ゲートでヌヌを見送ったとき、涙が彼女の頬を流れ落ちました。 “なぜ? 悲しいな。 戻りたい」と語った。 浜田は彼女をしっかりと抱きしめ、一緒に泣いた。

急変

1時間も経たないうちに、トゥーシアはビザを取得しました。 アキコが乗れる飛行機を探すように勧めたとき、彼女の顔は明るくなった。 幸いなことに、彼女は大阪府の関西国際空港を出発する深夜便を予約することができました。

翌朝、昇は働かなければならなかったので、中部空港の駐車場で抱きしめて別れを告げた。

その夜の10時30分、トゥーシアは関西空港の出発ゲートにいた。

“みんなありがとう。 結局のところ、人生は美しい」と彼女は言い、アキコを何度も抱きしめた。 その朝とは違って、今ではみんな笑顔でした。

後にそのシーンのビデオを見た昇は、「彼女が笑顔で去っていくのを見て、泣き止まない。 私は彼女にとても満足しています。」

「達成感はいっぱいですが、懐かしいです」とアキコは空港を出たときに言った。 「彼らと知り合うことができて良かったです。彼らが日本で過ごしたことが、彼らに幸せな思い出を残してくれることを願っています。」

このセクションでは、中日新聞が取り上げる中部地方のトピックと問題を取り上げます。 元の記事は1月28日に公開されました。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。母と息子は2年間日本で立ち往生した後、ソロモン諸島に戻ります
Source#母と息子は2年間日本で立ち往生した後ソロモン諸島に戻ります

Leave a Comment