歴史ある忍者街の駅を訪ね、忍者のトリックアートを見て、自分で忍者になります

甲賀市 かつて伝説の故郷でした 甲賀忍者藩、 そして地元の駅はいくつかに敬意を表しています 楽しいトリックアート!

日本の駅 電車に乗り降りするだけの場所ではありません。 踊る猫が点在するこの駅のように、訪れる価値のあるものもあります。

先日、私たちの日本語記者ハルカが自分自身を見つけたのは、これらの駅の1つでした— 甲賀駅滋賀県。 日本の歴史のファンは、日本語の文字が「古賀」と読むこともできる甲賀をベースとして認識するかもしれません。 有名な甲賀忍者一族。 今日でも、甲賀市は忍者の歴史を祝っており、地元の鉄道駅も例外ではありません。 忍者だらけ あなたがポーズをとって写真を撮るために。

外から見ると、駅は忍者でいっぱいであるとして特に目立ちませんが、彼らの塩に値する忍びは、明白な視界に隠れる方法を知っています。

▼よく見ると、近くで忍者の活動を示唆するヒントがいくつかあります。

はるかが駅に近づくと、興奮し始めた。 彼女は幼い頃から忍者のファンであり、次のような忍者の漫画を見て育ちました 忍たま乱太郎。 彼女は忍者についての話をよく読んでいて、特に秘密の忍者のテクニックを使うことを夢見ていました すいとんの術、 英語で「」と呼ばれることもある水技術水の放出‘。 そして今、彼女は日本で最も伝説的な氏族の1つの発祥の地で忍者に会おうとしていました!

はい、遥は満員の駅を訪れていました 忍者トリックアート!

シーズンを通して、忍者ファンがポーズをとって写真を撮るための7つの異なるトリックアートがあります。 7人のうち1人目は北口待合室で遥を待っていた。

▼窓から飛び出す忍者!

トリックアートは2つの忍者の影を特徴としていました。 1つは窓枠を開いたままにし、もう1つは堂々と飛び出します。 ハルカは一人で駅に来ていたが、それでも彼女がスウィートショットを設定するのを止めることはできなかった。

▼窓枠を持って写真を撮りました…

▼…そして1つ飛び出し…

▼…そして、これのためにそれらを混ぜ合わせました 壮大な忍者ショット!

ハルカの後ろの影は、ハルカのカジュアルな服装とは相容れない、適切な忍者のシルエットのように見えました。 しかし、ハルカはそれが忍者の雰囲気に追加されただけだと感じました。彼女の「作家」の服装は単なる煙幕であり、実際のハルカは実際にはSoraNews24ジャーナリストの変装で超忍でした。

彼女は次のトリックアートに進みました。それは改札口のそばの2階にありました。

▼天井まで!

はるかはすでに何をすべきかを知っていました。 彼女はカメラを下から見上げるように設定し、彼女がいくつかを発見しているように見えるようにポーズをとった 隠された天井の忍者!

▼ほぼ…

▼釘付け!

ハルカはやがて撃たれたが、腕をどこに置くかわからなかった。 実際、彼女は後にこの奇跡を撃つことができただけでした 約50回の試行。 彼女が彼女をより良く導くことができる友人を連れてきたならば、それはおそらくはるかに簡単だっただろう。

トリックアートナンバー3は改札口近くの壁にありました。

▼壁の忍者

▼これはもう2人のショットでした。

この写真は、忍者が発見されて恥ずかしかったように、自然な忍者のシーンのように見えました。

4番目の芸術作品は、プラットフォーム1までの階段の横に描かれました。遥は、いくつかを実行するという彼女の夢を生きようとしていたようでした。 すいとんの術 水のテクニック!

すいとんの術…?

遥が考えた限り、 彼女はどんなポーズかわからなかった 彼女はここでやるはずだった。 正面の忍者は何をしていましたか? 忍者は何でしたか 池はやってる? あの鯉は何してたの? やがて彼女は「池に飛び込む」ポーズに落ち着きました。 フォトシャッターが鳴ったとき、彼女は自分の若い自分がどこかで自分を見下ろしているのを想像し、がっかりして頭を振った。

その憂鬱なイメージを振り払って、遥は2階の改札の左側にある5番目の芸術作品に向かいました。

▼この芸術の忍者は、通りすがりの人に手を振ってカメラに向かってポーズをとって、友好的であるように見えました。

しかし、この絵の雰囲気はカジュアルで親しみやすいように見えましたが、遥は絵の左側にある勤勉な忍に気づきました…

▼「私はあなたと一緒に来ます!!」

ハルカの忍者駅への旅は、6番目の芸術作品にこっそりと進んだため、ほぼ完了しました。 南口近くの階段にあり、駅で群を抜いて最大の芸術作品でした。

このトリックアートは妖精のポーズをとるのが簡単で、遥はもう一度2枚の写真を組み合わせて 壮大なシーン。

最後のトリックアートは南口の1階にありました。

最後のシーンは、天井からぶら下がっている3人の忍者を示しています。 完璧なポーズとちょっとしたカメラのトリックで…

▼…ハルカは天井から忍者の隠れ家にぶら下がっていた!

それで、ハルカの水術のテクニックを習得するという夢は完全には実現しませんでしたが、彼女は駅の周りをこっそりといくつかの素晴らしいショットを撮るのをとても楽しんでいました。

駅が 技術的に 入場は無料ですが、改札口を通過するにはチケットが必要です。 駅の外から来る人の場合、一番安い電車の切符は150円(US $ 1.30)です。 電車でお越しの場合は、甲賀駅に停車する電車は1時間に1〜3本しかないので、時間に余裕を持って行くと、駅に長時間停車する可能性があります。 ハルカは、そこでトリックアートを十分に楽しんで、いくつかの素晴らしい忍のショットを撮るために、少なくとも30分をお勧めします。

そして、なぜ何もないのか疑問に思っているなら 本物 駅にいる忍者は、そこにいても気付かないという明らかな事実は別として、三重大学でライフスキルを教えるのに忙しいからだろう。

写真:©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

[ Read in Japanese ]

歴史ある忍者街の駅を訪ね、忍者のトリックアートを見て、自分で忍者になります
Source#歴史ある忍者街の駅を訪ね忍者のトリックアートを見て自分で忍者になります

Leave a Comment