武装した中国船が尖閣諸島付近の日本領海に侵入

中国海警局によると、史上最大の砲を搭載した中国海警局の船が、東シナ海の尖閣諸島付近の日本の領海に、金曜日に侵入した。

海上保安庁によると、同船を含む中国の海上保安庁の船 4 隻が、東京が管理する無人島の沖合で発見された。 最新の事件は、岸田文夫首相と中国の習近平国家主席が2019年以来初めての首脳会談を行った数日後に発生した.

金曜日の午前2時35分ごろ、2隻の船が日本の領海に入り、午前10時頃にさらに2隻が到着し、そのうちの1隻は76mm砲を搭載していたと付け加えた。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

武装した中国船が尖閣諸島付近の日本領海に侵入

Source#武装した中国船が尖閣諸島付近の日本領海に侵入

Leave a Comment