武田薬品が海外でワクチンを販売する最初の日本企業になるらしい

日本最大の製薬会社である武田薬品工業は火曜日、同社のデング熱ワクチンがインドネシアで承認されたと発表した。

COVID-19 ワクチンの開発で遅れをとっている医療の巨人は、欧州連合だけでなく、アジアや南米諸国でもデング熱のワクチンの承認を申請しており、年間売上高を16億ドル。

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ登録

写真ギャラリー(クリックして拡大)

.武田薬品が海外でワクチンを販売する最初の日本企業になるらしい
Source#武田薬品が海外でワクチンを販売する最初の日本企業になるらしい

Leave a Comment