機密解除された文書は、1990年の湾岸危機の際に米国が日本に自衛隊の支援を求めたことを示しています

水曜日に機密解除された外交記録と元政府高官からの証言によると、ジョージHWブッシュ米大統領は、1990年8月の湾岸危機の際に自衛隊を通じて米軍にロジスティック支援を提供するよう日本に求めた。

海部俊樹首相に要請がありました。 しかし、日本は、米国が東京からの安全保障政策に強い影響を与えていることを反映して、戦後の貢献としてペルシャ湾に掃海艇を配備したものの、湾岸戦争の取り組みに自衛隊を派遣するというブッシュの要求に応じなかった。

1990年9月29日に海府とブッシュの会談を記録した極秘外交ケーブルは、前大統領が海府に、日本がその軍隊を巻き込む方法を模索していることを知っており、そのような動きは海府政府。 世界。

松浦晃一郎元駐仏日本大使で外務省北米局長を務めた松浦晃一郎氏は、8月14日の電話で、自衛隊が地雷を掃討し、武器を運ぶよう要請したと述べた。

一連の会話の中で、海風は、協力したいという願望を強調しながら、戦後憲法第9条を保護する必要性を表明し、戦争を放棄することで応えた。

彼は、非軍事的な国連平和維持活動チームを設立し、一部の自衛隊員をその一部にすることによって妥協しようとしました。 しかし、同年11月、国民の反対により、日本が国連平和維持活動に協力することを目的とした法案が破棄されたため、計画は困難に陥った。

外交公電や元政府関係者によると、湾岸戦争が始まる3日前の1991年1月14日、米国は日本に武力行使の意向を事実上伝えた。

その後、ジェイムズ・ベイカー米国務長官は、訪日中、日本人のカウンターパートである中山太郎に、アメリカ人の血がこぼれるだろうと密かに語った。

記録と証言はまた、日本が多国籍連合に援助で提供した130億ドルのうち、90億ドルが日本のカウンターパートである橋本龍太郎との会談中に当時の米国財務長官ニコラス・ブレイディーからの要請に応じて追加されたことを明らかにしたニューヨークの橋本。

何人かの元日本政府高官は、米国が要求した総額の根拠はないが、「他の選択肢はなかった」と証言している。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。機密解除された文書は、1990年の湾岸危機の際に米国が日本に自衛隊の支援を求めたことを示しています

Source#機密解除された文書は1990年の湾岸危機の際に米国が日本に自衛隊の支援を求めたことを示しています

Leave a Comment