模造カツを使った模造カツ丼カツ丼の作り方【そらキッチン】

駄菓子の力を活かして「引用符で囲んだカツ丼」を作ります。

日本語レポーター あひるねこ の大ファンです ポークカツレツ、または豚肉 カツ、日本語で呼ばれているように。 彼は特にカジュアルなレストランのカツレツが好きです 勝也、そして彼はある日SoraNews24本社に現れ、彼に宛てられたチェーンからパッケージを見つけて特に幸せでした。

中に何が入っているのだろうと思って、彼は箱を開けて、5つの平らなパケットを見つけました。

ラッパーの上部にポークカツレが描かれていますが、これらは個別に密封されたカツではありません。 代わりに、彼らは 一舞勝、または「カツシート」は、カツヤとの提携により作られたおやつです。 名取、のメーカー 駄菓子、または昔ながらの日本のスナック食品。

いちまいかつは、平らにしたとんかつのように見えるかもしれませんが、実際にはパンです かまぼこ。 このようなイミテーションカツは、最も人気のある駄菓子の1つであり、放課後の小さな子供たちと、冷たいビールと組み合わせる安価なおいしいおやつを探している大人の両方に愛されています。

がある 勝谷一舞勝を特別なものにする2つのこと、 けれど。 まず、長さが22センチメートル(8.7インチ)の場合、 巨大

▼左が日本のコンビニエンスストアで最近発売された一舞勝勝也、右が名取の定番ビッグカツ駄菓子。

2番、 一舞勝勝也の味は「かつやかつ丼」に記載されています。 つまり、豚の味だけでなく、かつやの本格的なカツ丼・豚肩ロースのような味わいです。 「カツヤの風味豊かな料理に加え、甘みのある卵と玉ねぎの香りを思わせる調味料を使って、カツ丼のカツ丼の風味を再現しました!」 名取が自慢。

それは大胆な主張ですが、AhiruNekoは非常に喜んでテストしました。 しかし、一舞勝の見た目が味蕾に影響を与えたくなかったので、ブラインドテイスティングをすることにしました。

巨大なイミテーションカツを両手で掴んで、 ねこあひるが一口食べて、頭の中で…

…かつや豚丼の儚いビジョンを持っていた。 まるでカツ丼を食べていると思わせるほどではありませんでしたが、甘いタレやカレー粉で味付けした他のカツ丼よりも、本物に近いものでした。 代わりに、カツヤ市井カツのフレーバーは、カツ丼のフレーバープロファイルの味の組み合わせとは異なり、塩味と甘いノートのミックスです。

ねこあひるは、一舞勝をカツ丼にぴったりの味に近づける方法があるのではないかと考え、すぐに思いついた。。 おやつをお椀のように味わいたいなら…

…おやつをご飯の上にのせてみませんか?

結局のところ、名取の市間カツの説明は、主にすべてのカツ丼の風味を再現することについて語っています 以外に 米。

このアップグレードにより、AhiruNekoは 模造カツと白ご飯を一口で召し上がれ。 まるで本物のカツ丼を食べているような気分になり、 今回は彼の脳に現れたポークカトレットボウルのイメージがもう少し明確になりました

一舞勝はとても大きいので、あひる猫は十分に残っていました 2回目のレビュー

第3ラウンドでは、だしと醤油に水を少しかけ、実際の卵を加えた結果、「名言カツ丼」と呼ぶことにしました。

これは、カツ丼にはるかに近い、最高の束であることが判明しました

ラウンド3で盛り上がったのは味だけではなく、食感も。 だしと醤油の液体を加えると、パッケージから出てきた一舞勝が柔らかくなり、豚肉に近い肉厚になりました。

確かに、それはまだ完全に一致していませんでしたが、実際には豚肉でさえないものに非常に近いです。 実際のカツ丼が左の写真のように感じられるとしたら、アヒルネコの最終形である一番カツの模造カツ丼は右の写真のように感じられます。

次回お腹が空いたときに実際のカツ丼の気分になっているとはいえ、それは彼の渇望をピンチで鎮めるでしょう。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

模造カツを使った模造カツ丼カツ丼の作り方【そらキッチン】
Source#模造カツを使った模造カツ丼カツ丼の作り方そらキッチン

Leave a Comment