検察は患者を殺害した横浜の看護師に終身刑を訴える

検察は月曜日、2016年に東京近郊の横浜病院でIV点滴に消毒剤を入れて3人の患者を殺害したとして元看護師に終身刑を宣告した判決を上訴した。

横浜地方裁判所は11月9日、34歳の久保木あゆみ容疑者が罪の責任を問われる可能性があるとの判決を下したが、検察の要請により死刑を科さず、改革する可能性があると述べた。

犠牲者の親戚は、納得せず、上訴を要求した。 司法当局によると、彼の弁護人も月曜日に判決を上訴した。 しかし、移転の理由は不明です。

弁護士は、統合失調症をきっかけに、2016年9月の犯罪で久保木容疑者の能力が低下したと主張していた。

判決によると、久保木容疑者は、以前は小口病院と呼ばれていた施設で、西川宗三さん(88)、沖津朝恵さん(78)、山木信夫さん(88)の3人の入院患者を点滴バッグに入れて故意に殺害した。

久保木は殺人を認めた。

彼女の弁護人は、統合失調症によって引き起こされた2016年9月の犯罪の間、元看護師の能力が低下したと主張して、終身刑を要求しました。

しかし、検察は、久保木容疑者は自閉症の特徴を示しているものの、裁判に立候補する能力は十分にあり、終末期の患者を受け入れていた病院での意思決定や犯罪に影響を与えなかったと主張した。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。検察は患者を殺害した横浜の看護師に終身刑を訴える

Source#検察は患者を殺害した横浜の看護師に終身刑を訴える

Leave a Comment