東芝は公開買付けでJIP当たり2.4兆円の価値があると情報筋は言う

事情に詳しい関係者によると、ジャパン・インダストリアル・パートナーズが率いるコンソーシアムが東芝の買収を検討しており、評価額は約2兆4000億円(161億ドル)で、今年のアジア最大の買収となる可能性がある。

産業グループの民営化の優先入札者であるJIP主導のグループは、1兆円の現金を提供するとともに、銀行から合計1.4兆円の融資と20万円のコミットされた与信枠.百万円の運転資金を求める計画です。 関係者は、この件は非公開であるため匿名を条件に語った。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

東芝は公開買付けでJIP当たり2.4兆円の価値があると情報筋は言う

Source#東芝は公開買付けでJIP当たり2.4兆円の価値があると情報筋は言う

Leave a Comment