東芝が取締役会のオーバーホールにM&Aアドバイザーと活動家を呼び込む

東芝は木曜日、コングロマリットを非公開にする圧力を強める可能性のある取締役会の見直しで、M&Aアドバイザリー会社HoulihanLokeyの幹部を会長に、アクティビスト株主を社外取締役に指名した。

東芝は6月28日の年次株主総会に先立ち、最近米国の投資銀行HoulihanLokeyに買収された日本のM&Aアドバイザリー会社GCACorp.の創設者である渡辺明弘氏を指名しました。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。東芝が取締役会のオーバーホールにM&Aアドバイザーと活動家を呼び込む
Source#東芝が取締役会のオーバーホールにMAアドバイザーと活動家を呼び込む

Leave a Comment