東京駅構内にひっそりと佇む新しい鮨屋は穴場

この立ち食いバーでは、おまかせの質の高い寿司をコンベア ベルトの価格で提供しています。

急いで電車に乗り込み、おいしいレストランを探しているとき、貴重な時間とお金をどこに費やすべきでしょうか。 東京駅でお寿司を食べたくなったら、 ヒナトル 味覚もお財布も満足できるお店です。

12月25日にオープンしたばかりのひなとまる 八重北食堂エリア 東京駅のグランスタコンプレックスの1階にあり、他の多くのレストランがあります。

八重洲北口改札口と日本橋新幹線改札口の間のひっそりとした場所にひっそりと佇むひなとまるは、他のお店と比べてなかなか見つけられない穴場的なお店です。

▼お店は下の地図の赤丸です。

「ひなとまる」は立ち食い寿司屋で、荷物を持ったまま店内に入って注文・食事ができるので、荷物が多い旅行者にも便利ですが、座って食べたい人は、 3 つのテーブル。 レストランの左奥。

寿司は70円からと日本の基準でも安いですが、サーモン、ホタテ、エビなどの定番が250円、ウニなどの寿司以外のメニューが650円です。 .

それじゃ物足りない、手っ取り早く美味しいものが食べたいという方は、「まぐろ五貫のにぎり」 1,350円と大人気です。

▼セット内容は、中トロ・トロ・トロ・赤身・トロ・焼きトロ・トロの5種の手握り寿司です。

立ち食い寿司店の寿司は平均より少ないこともありますが、ここではそうではありません。 たとえば、マグロの脂肪がまれに下に追加されているのはうれしい驚きであり、立って食べるのはほとんど犯罪者のように見えるほどのプレミアムで口の中でとろける品質でした.

▼座って食べるに値するお寿司です。

色鮮やかな中トロも食べごたえがあり、通常は単品で400円というコスパの高いセットです。

寿司はとてもおいしかったので、ランチに追加で 2 つ注文しました。 カンパチシマアジ価格はどちらも250円。

一口一口の食感が素晴らしく、通常の鮨屋とは一線を画すクオリティと味わいでした。

調査の結果、高品質の理由は日向丸が a 魚がし直営の鮨店東京の浅草から始まり、銀座や新橋にも常設店を構える。

寿司の世界で非常に競争の激しい東京で事業を拡大できることは、ひなとまるが提供する品質とコストパフォーマンスの証です。 これだけ美味しいお寿司なら隠れることはないので、次回東京駅に立ち寄る際はぜひ「日の田丸」に注目して、ジャパニーズウィスキーとスイーツを堪能してみてはいかがでしょうか。駅のストップショップ。

レストラン情報
ひなとまる立ち寿司
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1(グランスタ1階八重北食堂内)
東京都千代田区丸の内1-9-1
午前11時から午後10時まで営業しています。
休館日のみ休館。

参考:グランスタ(1,2) )
すべての画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

東京駅構内にひっそりと佇む新しい鮨屋は穴場

Source#東京駅構内にひっそりと佇む新しい鮨屋は穴場

Leave a Comment