東京駅の隣にあるカフェではパイ食べ放題を提供しており、佐藤さんはデザートが好きです。

当時、これはハイウェイの強盗なのだろうか?

そらニュース24の佐藤さんも今年で50歳になります。 20 代、30 代のようにむさぼり食うことはできませんが、「食べ放題」という言葉には、今でも抗えない魅力があります。

そのために、 大丸東京店 東京駅の隣にあるデパートでは、最近注目を集めた特別オファーがあります。 中身、 ケーキ & 喫茶店 120分以内に無料のケーキのビュッフェを提供しています。 料金は大人3,300円(25.70米ドル)、5歳から12歳の子供1,430円。 それは彼にとって素晴らしい新しい美食の挑戦のように思えました.

彼は木曜日の正午過ぎに到着し、カフェがあまり混んでいないことを知りました。 週末はもっと人が多いのかもしれません。

持ち帰り用のタルトはすべて、通りすがりの人を引き付けて陳列ケースに引き込みました。 1切れ800円くらいなので、4切れくらい食べられそうです。 2時間の制限時間内で簡単に勝てそうでした。

座ってビュッフェを注文すると、シンプルなサラダバーとドリンクが表示されます。

テーブルの反対側にはパイがありました。 この特定の日には、準備ができている各タイプのサービングが約ありました. スタッフが取った分を補充してくれるので、取り逃す心配もありません。 とはいえ、写真としてはもう少し派手に出してほしかった。

一度に3切れまででいいので、佐藤さんは2切れからスタート。

最初は イチゴのショートケーキなんとたったの930円。

第二に、 バナナとキャラメルのタルト (850円)は色のコントラストがいい。

佐藤さんが本気でスイーツを食べるのは久しぶり。 ほんの一口かじっただけで、頭の中で何かが興奮して血中に染み出した砂糖に火をつけ始めた。 彼はまた、説明できないほど幸せに感じました。

私が大胆だった場合、私が持っていた唯一の批判は、クリームが本来あるべきほど新鮮に見えなかったということでしたが、それでも美味しかったです.

3番目に試したのは、 フルーツパイ (880円) 鮮やかなフルーティーな逸品。 セットシステムは、現在のプレートを新しいスライスに使用し続けることだったので、彼は以前のパイのパン粉がまだプレートに残っていることに少し不満を持っていました.

(文字通り)崩れたプレートを差し引いて、このスライスは非常に美的に満足のいくものでした.

フルーツタルトの後、佐藤さんはこの挑戦をやめる決心をしました。

彼の時計にはまだ多くの時間が残っており、あと 1 切れあれば十分なお金の価値がありましたが、その日の残りの時間に胃のむかつきを起こす価値はないと判断しました。 彼の内面は、彼が若い頃とは違っていたので、彼は少し気になりました。

そういえば、最近彼にはそういう瞬間が多かったような……。

喫茶店 情報
Délices Tarte & Coffee / デリス 大丸東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店6階
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 6F
開いた: [Regular menu] 午前10時~午後8時(ラストオーダー午後7時30分)
[Select buffet]: 午前11時~午後6時
元旦休館
Webサイト

参考:ケーキとコーヒー
すべての画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

[ Read in Japanese ]

東京駅の隣にあるカフェではパイ食べ放題を提供しており、佐藤さんはデザートが好きです。

Source#東京駅の隣にあるカフェではパイ食べ放題を提供しており佐藤さんはデザートが好きです

Leave a Comment