東京市議会が外国人住民に部分的な議決権を与える提案に投票

市長 武蔵野 望む 「私たちの街の住民の多様性を最大限に活用します。」

日本の多くの組織は、年末年始、クリスマスのお祝い、そして日本最大の休日である正月の計画により、人々にいつもの時間をあまり与えないため、この時期に一種の減速モードに入ります。仕事。 それでも、のメンバー 武蔵野市役所、 のセクション 東京 ダウンタウンの西で、彼らは集まって投票する時間を見つけました。

火曜日の本会議では、25人の評議会メンバーが投票しました 武蔵野の外国人居住者に議決権を与える提案、ファッションを含む 吉祥寺 井の頭周辺と公園(上の写真)。 イニシアチブは武蔵野市長松下玲子が主導しました。、の目的で 「私たちの街の住民の多様性を最大限に活用する」、 そしてそれは先週の月曜日に議会の総務委員会によってすでに承認されていました。

この提案は、外国人居住者に市長や議会の代表者などの選出された役職に投票する能力を与えるまでには至りませんでしたが、 彼らが地元の国民投票に投票できるようにする。、基本的に、地方自治体の特定の提案または方針を承認または拒否するための直接投票。 提案の下で、 外国人居住者が国民投票に投票できるための唯一の要件は、18歳以上であり、武蔵野に3か月以上住んでいることです。、これは武蔵野の日本人に対する国民投票の投票要件とまったく同じです。

しかし、最終的には、この提案は、評議会メンバーにとって現在のシステムからの逸脱が大きすぎることが判明しました。 多数決により却下

しかし、提案の敗北は限定的であり、14人の評議会メンバーが反対し、11人が賛成した。。 そのわずかな敗北により、松下は約3,000人の外国人居住者のために約148,000人の居住者の都市での生活を改善する方法を見つけようと熱心に取り組んでいます。 「結果を受け入れる [of today’s vote]今後も状況を調査し、人権を尊重し、多様性を認識し、連帯社会を構築していきます。」

▼松下、地元の学校を訪問しながら縄跳び

現在、日本の約40の市町村では、外国人住民が地方住民投票に投票するための何らかの譲歩がありますが、大多数は外国人有権者が日本人である有権者の条件(永住権を取得しているなど)を超える条件を満たすことを求めています。 神奈川県の逗子市と大阪府の豊中市の2つの都市だけが現在松下が提案しているものを持っており、外国人と日本人の住民投票の要件は同じであり、提案が可決されれば、武蔵野は東京で最初だったでしょう。

出典:NHK News Web、ジャパン・ニューズ、朝日新聞
表紙画像:ウィキペディア/ Jnpet
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

東京市議会が外国人住民に部分的な議決権を与える提案に投票

Source#東京市議会が外国人住民に部分的な議決権を与える提案に投票

Leave a Comment