東京大学の教授は、車に大きな漫画の目を与えると安全になると示唆しています

車には目があります。

都市部では、横断歩道は常にサイコロのロールです。 これらのゼブラ ストライプの小道は、歩行者が車にぶつかることを恐れずに自由に横断できるようにするため、また、車を使用している人がいると車自体が停止することを認識できるようにするためのものです。

理論的にはこのように機能しますが、都市に住んでいる人なら誰でも言うように、ドライバーは常にこのルールに注意を払っているわけではありません。 運転手が私に十分注意を払っているとは信じていなかったので、車が近くにあるときは決して横断しませんでした。 一方、自分の免許を取得した後、道路を横断しないこともドライバーの頭を混乱させることに気付いたので、問題は和らぎました。

このコミュニケーションの欠如は大きなジレンマであり、ドライバーが歩行者を見ていることを歩行者に知らせ、重機で攻撃されるべきではない人物であることを確認する視覚的な参照があれば、確かに素晴らしいでしょう.

でもあるのかな…

と思われるかもしれませんが、この動画は冗談ではありません。 それは、東京大学クリエイティブコンピューティング学科のチャン・チアミン教授のコンセプトである「Gazing Car」です。 Chang は、豊富なデザイン経験を活かして、人とテクノロジーをよりシームレスにつなぐ方法を考案しています。

この場合、 自動運転車に人が誤って衝突する問題に対処する. 運転席側では、車両の近くで人や物体が検出されると信号が発信されますが、車外のすべての人に見られるわけではなく、車がそれらを見ることができるかどうかを推測することしかできません.

チャンのコンセプトは、車のセンサーが歩行者を非常に大きな目の形で検出できるかどうかを歩行者に非常に明確に示します。 誰でも、車が見ているものを正確に把握し、道路を横断するかどうかについて、より多くの情報に基づいた判断を下すことができます。

9 人の男性と 9 人の女性を対象に、目のある車とない車で道路を横断するバーチャル リアリティ レクリエーションを使用した予備調査が実施され、結果は、目が歩行者の判断能力に影響を与えたことを示唆しています。安全に渡れます。 か否か。

アイデアのデモ ビデオが先月 YouTube に投稿され、次のようなコメントからさまざまなレビューが寄せられました。

「『彼は私を見ていない』ということを人間側が理解しているというのは興味深いアイデアです」
「ユニーク!このようなアイデアが実現するのを見るのは素晴らしいことです。」
「擬人化、大したことだ!」
「どうすれば自動運転車をさらに不気味にすることができるでしょうか?」
「自動運転車に人間の相互作用をもたらすというこのコンセプトが気に入っています。 運転中、私たちは他の車両と対話するだけでなく、実際のドライバーと対話します。 通常、他のドライバーに立ち去るように伝えたり、鳥を渡すなどの手信号で…」
「9人の参加者による研究で安全情報(事故削減)を引用していますか?」
「したがって、これは依然として、車両やドライバーではなく、歩行者に安全を確保するための負担を課すものです。」
「これが冗談だと​​いいのですが…LMAO…」

これらはすべてまだコンセプト段階にあり、動く眼球を備えた車が実際に安全性を向上させることを確認するには、さらに研究が必要であることに議論の余地はありません. また、同じ原則に基づいた将来のデザインは、大きな漫画の目よりも派手ではないものになる可能性があります…そうでないことを心から願っています.

▼あら、どうしたの?

私が持っている唯一の質問は、自動運転車は同時に複数の物体を検出できるため、道路の両側にいる歩行者を同時に見ると、眼球はどのように反応するかということです. 彼が狂ってしまうか、目が不審に動くかの2つのオプションがあり、どちらかが勝利のアイデアになるでしょう.

実際、これは人間が運転する車ではさらに便利に思えます。 ある種の顔マッピング システムをインストールして、ドライバーの視線を検出し、それを車の目に表示させます。 スマホを見ているのか、寝ているのかさえわかりました。

そうすれば、横断歩道を本来の使い方で使用できるようになるかもしれません。

出典:車探し、チャン・チャミン
画像: YouTube/AdonisChang
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

東京大学の教授は、車に大きな漫画の目を与えると安全になると示唆しています

Source#東京大学の教授は車に大きな漫画の目を与えると安全になると示唆しています

Leave a Comment