東京大学が開発した生きた皮膚に覆われたロボットの指

指はいつの日か超人的なスピードと精度で人々をひっくり返すかもしれません。

東京大学は、ユニークな科学的進歩の場所でした。 竹内昌治教授が率いるチームは、人間の皮膚細胞を培養して作られた生きた皮膚でロボットの指を覆うことに成功しました。 さて、私は以前どこでそれを聞いたことがありますか…

そうそう…まあ、大丈夫だと思います。 少なくとも、今日のアンドロイドが使用する傾向のあるシリコンを大幅に改善することを約束します。 不気味の谷を完全に克服することは決してないことに加えて、シリコンゴムは修理とセンサーに問題があると言われています。

皮膚はまた、有機物を機械と組み合わせるための最初のステップにすぎません。 香りを検出できる嗅覚受容体などの神経や感覚器官を組み込むための扉を開きます。 もう一つの重要な追加は、皮膚に栄養を与えることができる何らかの形の血管です。なぜなら、現時点では、細胞培養の外で約1時間しか生き残れないからです。

▼指を見せたニュースレポート

皮膚の厚さは約1.5ミリメートルで、表皮と真皮の層で構成され、一連のきのこ型の留め具で金属フレームに接続されています。 皮膚は生きた細胞でできているので、傷ついた部分にコラーゲンシートを加えることで治癒する可能性があります。

これらの開発は人間の皮膚移植にも役立つ可能性がありますが、主な利点は、動物の代わりに医薬品や化粧品を正確にテストするために使用できる3次元モデルの作成です。 この皮膚は、義肢を覆ってよりリアルに見せるためにも使用できます。

そして、それをオンラインコメントに任せて、生き生きとした肉体を持つロボットの他の面白い使用法を考え出してください。

「それが彼らが作った指だと確信していますか?」
「東京大学は、大人のおもちゃの新時代を切り開いてきました。」
「米国は戦闘ロボットを製造していますが、日本は夜間にあなたと付き合うためのロボットを製造しています。」
「あなたたちはターミネーターが欲しいですか?! これがターミネーターの作り方だからです。」
「真面目な話ですが、これは再生医療の大きな一歩だと思います。」
「もしそれが一つになれば、それは本当に高価な大人のおもちゃになるでしょう。」
「私たちが動いているペースで、セックスボットは私の生涯で物になるかもしれません!」
「彼らが血や髪の毛などを追加し始めたら、それも悪臭を放ち始めるのではないかと思います。」

金属の外骨格の上に生きている組織であるサイバネティック生物を作ることに関しては、確かに多くの謎があります。 義肢と実験の可能性は素晴らしいように聞こえますが、実際のアンドロイドに関しては、ロックマンと鉄腕アトムをかっこよく見せた洗練された美学の一部が維持されることを願っています。 それはセックスボットにも当てはまります、そうではありません、ロージー?

彼女はいつでも私の気送管を掃除することができます!

出典:YouTube / ANNnewsCH、ゆるくやる
上の画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

東京大学が開発した生きた皮膚に覆われたロボットの指
Source#東京大学が開発した生きた皮膚に覆われたロボットの指

Leave a Comment