東京大会の贈収賄疑惑は、マスコットのぬいぐるみを作った会社にまで拡大

東京五輪マスコットの公式ライセンスぬいぐるみを販売していた会社が、東京五輪組織委員会の元幹部に数百万円を渡した疑いが持たれている。

検察は、高橋晴行氏が大会のぬいぐるみの販売に関してサンアローに支持を与えるよう委員会に働きかけたかどうかを調べている.

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ登録

写真ギャラリー(クリックして拡大)

.東京大会の贈収賄疑惑は、マスコットのぬいぐるみを作った会社にまで拡大
Source#東京大会の贈収賄疑惑はマスコットのぬいぐるみを作った会社にまで拡大

Leave a Comment