東京のムーミンカフェはもうすぐ閉店しますが、私たちのレポーターは決して忘れられない経験をしました

カフェスタッフのちょっとした気遣いが、今でも記者の心を温めてくれます。

ヨーロッパ以外ではあまり認知されていませんが、 ムーミンフィンランドのカバのような妖精のキャラクターである は、ムーミンのテーマパークや伝統的なムーミンの形をした和菓子で、ここ日本で非常に人気があります. それから、もちろん、 ムーミンカフェ。 シリーズのファンにとってカフェは、お気に入りのムーミン キャラクター (ぬいぐるみの形) をフィーチャーした北欧スタイルのパンとスープを手に入れるのに最適な場所です。

ムーミンファンの御花畠まり子さんが、 ムーミンカフェの東京支店は2023年2月に閉店し、 彼女は当然のことながら少し悲しかった。 ムーミンカフェは2003年に東京ドームのラクーアサウナエリアにオープンし、コラボカフェのパイオニア的存在でした。 最初のムーミンカフェはベネリックが経営しており、ベネリックは同じくどんぐり協和国が経営しています。 スタジオジブリグッズ。

麻理子さんはラクーア支店を何度か訪れていますが、あるときの訪問でとても特別なことが起こったことが、彼女の心にずっと残っています。 そこで彼女は自分の話を共有することにしました。ありがとう、またね‘。

物語の舞台は7、8年前、麻理子がブラック企業で編集プロデューサーとして働いていた頃。 有毒な労働文化を持つ会社。 麻理子にとって、それは怒鳴られ、社会保障を剥奪され、夜勤が完全に普通と見なされることを意味した。 眠れぬ夜を過ごした後、麻理子は翌朝、ラクーアサウナで仮眠を取りました。 目を覚ますと、明日が待ち遠しくてたまらなくなり、近くのムーミンカフェで朝食をとることにしました。

彼は朝食のためにそこにいたのに、カフェはすでに半分埋まっていた。 他のお客さんもムーミンのぬいぐるみと一緒に写真を撮ったり、朝を楽しんでいる笑顔のグループでした。 一方、麻理子は昨日の服を着てぐったりと疲れ果てていた。 元気を出そうとカフェに来たのに、親指の痛みのように突き出た痛みがさらにひどくなり、来たことを後悔し始めた。

その時、ウエイトレスが何かを抱えたまま真理子のテーブルに近づいてきた。 「スティンキーと一緒に座りませんか?どうやら麻理子が一人でそこにいることを心配しているようだった。

これは麻理子のだらしない外見への言及ではありません。 むしろ、ウェイトレスはぬいぐるみを持っていました。 スティンキーと呼ばれるムーミンシリーズのキャラクター。

▼残念な名前のスティンキー

スティンキーがマリコの隣に座り、いたずらっぽい笑顔で彼女を見つめていると、ムーミン一家のメンバーが次々とテーブルに運ばれてきました。 彼は一緒に座らなければならなかった コウノトリの乙女嗅ぎタバコ, 自尊心のあるムーミンファンなら誰でも知っていることは なんてことだ。

たくさんのムーミンキャラクターと一緒に座って食事ができるなんて、ムーミンファンなら夢のようで、ぬいぐるみに囲まれて座っている麻理子さんは、お客さんたちから羨ましがられるのがちょっと恥ずかしかったです。 . しかし、それにもかかわらず、彼女は カフェスタッフの心遣いに感動。

その瞬間、麻理子はムーミンの谷に迷い込んだような気分になり、ムーミンママが作ってくれたおいしい食べ物に囲まれました。 一人でカフェに来ていたお客さんに接客をしているだけかもしれませんが、その親切な対応が麻理子さんに大きな影響を与え、 彼女は感情的に癒されたと感じました。 あの日のことを考えると、今でも胸が熱くなります。

ムーミンカフェの閉店は残念ですが、永遠の別れではありません。 2023 年 2 月からは新しい会社が参入し、ムーミンをテーマにしたショップやカフェを展開する予定です。麻理子さんは、特別な思い出を作った現在のムーミン カフェが閉店することを悲しく思いますが、今後の展開に大きな期待を寄せています。来て。 続く。

新しいムーミン カフェは、古いカフェと同じレベルの親しみやすさを維持していることに、指が交差しました。

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

東京のムーミンカフェはもうすぐ閉店しますが、私たちのレポーターは決して忘れられない経験をしました

Source#東京のムーミンカフェはもうすぐ閉店しますが私たちのレポーターは決して忘れられない経験をしました

Leave a Comment