東京の「ジョーカー」列車攻撃者が暗殺未遂の新たな命令を履行した

捜査筋によると、ハロウィーンの夜に東京の電車でナイフ攻撃を受けて逮捕された男性は、殺人未遂と放火の疑いで月曜日に新たな逮捕状を受け取った。

攻撃中にバットマンの悪役ジョーカーに似た衣装を着ていた服部京太さん(25)は、列車の周りに約3リットルの油を吹き付けて、60歳の女性を含む乗客を殺そうとした疑いがある。それをオンにします。 情報筋によると。

彼は、特別急行列車で10月31日に胸を刺した後、70代の男性の殺人未遂で最初に逮捕されました。

午後8時ごろの攻撃で京王線の列車の床と座席が焼けましたが、近くの乗客15人は負傷していませんでした。

服部容疑者は、宿泊先で「ホテルでペットボトルに水を入れたペットボトルを使ってスプレーする練習をした」「火を使って乗客を電車の最初の車に押し込みたかった」と語った。 「」

彼はまた、「死刑を受け取るために」攻撃を計画したと捜査官に語ったと伝えられている。

捜査官は服部が攻撃全体を徹底的に計画したと疑っている、と情報筋は言った。

電車の中で人々が録画したビデオは、乗客が馬車の1つで大火事から逃げるために走っているのを示しました。

服部さんは6月、お客様とのトラブルで約3年間勤務していた福岡のコールセンターを離れました。 情報筋によると、7月に日本の南西部の都市を離れた後、彼は神戸と名古屋に滞在した。

小田急電鉄の通勤電車に男が食用油をはねかけた8月の別のナイフ攻撃に触発されたが、その事件では油は発火しませんでした。 。

首都西部の八王子市にあるホテルに9月末から住んでおり、ジョーカーと同じ衣装と約20缶のオイルを購入したという。

パニックを引き起こし、ドアがすぐに開かれなかったときに列車の窓から乗客を送り込んだ事件は、八重寺から東京中心部の賑やかな駅である新宿に向かう10台の車のサービスで起こりました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。東京の「ジョーカー」列車攻撃者が暗殺未遂の新たな命令を履行した

Source#東京のジョーカー列車攻撃者が暗殺未遂の新たな命令を履行した

Leave a Comment