札幌オリンピック候補都市が2030年冬季オリンピックの予算を20%削減

日本北部の札幌市は月曜日、2030年冬季オリンピックとパラリンピックの予想宿泊費を大幅に削減し、予算を900億円(7億9000万ドル)、つまり当初の見積もりの​​20分の1に削減すると発表しました。

1972年冬季オリンピックを開催した札幌は、開催権を勝ち取る有力候補と見られているが、今年も東京オリンピックの予算が崩壊することへの懸念が地元住民から寄せられている。

2019年の当初予算では、市は合計で3,100億円から3,700億円の費用を見込んでいた。 月曜日に、札幌はそれを2800億円から3000億円の範囲に修正した。

東京は、コロナウイルスのパンデミックとそれに関連する問題のために1年間延期された2020年夏季オリンピックの開催に1.64兆円を費やしました。

改定案では、運営費は当初予算の2,300億円から100億円から300億円に削減され、インフラ整備費は前述の80億円から1,400億円の下限となる。 。

札幌は、スポンサーシップとチケット収入ですべての運営費を賄う予定だと語った。 ただし、インフラや会場の整備にかかる費用は、前回の推定400億円から600億円の範囲内で、450億円を負担する。

開会式と閉会式に使用される札幌ドームを除いて、試合に使用する競技会場の数を15から13に減らしました。2030年の大会を開催するために新しい会場を建設する必要はありません。札幌は言った。

いくつかのイベントは、札幌東部の帯広、札幌南西部のニセコ、そして東京の北西約170キロにある日本の本島にある1998年冬季オリンピックの開催都市である長野で開催されます。

札幌は2014年に2026年冬季オリンピックを開催する計画を発表した。2016年11月の開催費用は約4,537億円と発表した。

しかし、2018年に北海道を襲った致命的な地震の後、札幌は開催希望を4年遅らせ、代わりに2030年に焦点を合わせました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。札幌オリンピック候補都市が2030年冬季オリンピックの予算を20%削減

Source#札幌オリンピック候補都市が2030年冬季オリンピックの予算を20削減

Leave a Comment