本土で日本最北端の醸造所は…お寺?!?

国内で最も神聖なクラフトビール。

本土で日本の最北端の醸造所がどこにあるのか疑問に思ったことはありませんか?

先日、日本語の記者である高木遥が聞いた時まで、私たちもそうしませんでした。 醸造所はにあります 青森県大間町、そしてそれを特別なものにしているのは、その地理的な場所だけでなく、手術の背後にいる人です、 チーフプリーストは誰ですか

▼本州最北端の醸造所から世界へ「かんぱい」(「乾杯」)!

日本では僧侶とビール作りは通常一緒になりませんが、この醸造所では実際に一緒になっているので、一緒になります。 仏教寺院

正式名称 白口山宗徳寺、しかし漢字の誤読により英語で「たかのり寺」と誤記されることが多いこのお寺には 1625年までさかのぼる長い歴史

敷地内に埋葬地があり、華やかな本館があり、このお寺には珍しいものは何もないようです。

しかし、この寺院には他の人にはないものがあります— ビールの直接販売を促進するフロントにサインアウトする。 ワシの目の視聴者は、 マンジシンボル(卍) ここの看板にありますが、マンジは一般的に次のように使用されているため、ナチスワスティカと混同しないでください 何世紀にもわたって日本の仏教遺跡を示す聖なるシンボル。

▼不思議なことに、看板には「テンプルワイナリー上部に」と「寺院の地ビール下部にある」。

これらの製品を購入するには、右に向かい、建物の外を歩いてください。

ここから、遠端にある引き戸のセットとその向こう側にある標識を見ることができます。

左側の建物は一般公開されていない醸造施設ですが、端の引き戸は直販店があります。

訪問者はここでワインとビールを購入できますが、店に入ると店というよりはオフィスのレセプションのように見えるので少し混乱するかもしれません。

訪問中にこのエリアに人員がいない場合でも、おかげでワインやビールを購入することができます 入り口付近で販売している自動販売機

在庫は随時変動しますが、遥が訪れた時、彼女はどちらかを選ぶことができました 2種類のワイン6種類のビール

▼上段と下段のワイン: マンザナピルスナーラガースタウト青白い こんにちは、 と 苦い ビール。

これは彼女が予想していたよりも多様で、すべてがリーズナブルな価格でした。 440〜490円 (US $ 3.44- $ 3.83)ビール1本とワイン1本700円。

ワインとビールの両方が特徴です ラベルの聖なるマンジのシンボル、「サイレントスノー」と名前のビール 「むぎしずく」(「大麦ドロップ」)、英語では「むぎしずく」と表示されていますが。

遥は何でも買いたかったのですが、ビール3本だけで禅のような抑制をすることにしました。

そして、そのように、はるかは彼女の購入を完了しました— 何世紀にもわたる歴史を持つ聖地で醸造された3種類のビールが、現代の自動販売機で調合されています

遥が去ろうとしていたとき、彼女は営業所の後ろで住職を見つけ、この珍しい冒険について彼にもっと尋ねることに決めました。

遙はいつもお酒が日常の寺院生活に関わるのは不適切だと思っていたので、佐々木さんという名前の僧侶に、いつ、なぜお酒を醸造し始めたのかを尋ねることから始めました。

彼は次のように答えました。

「私が最初にビールを作ったのは約20年前です。 理由は水だからです [around here] おいしい。 水はビールの生命力です。 その後、私が作り始めたワインは、生命力としてブドウを持っているので、やはり違います。」

その時、ハルカは、神殿の周りのエネルギーと生命力を祝っていたので、アルコールが宗教の観点から必ずしも悪いことではない理由を理解しました。 彼女は佐々木さんがとても高く評価している水についてもっと知りたいと思っていました、そして彼は彼女に言いました:

「そしてそうです。 恐山を起源とする境内には湧き水があります [a holy mountain known as Mount Osore in English]。 それを活用する方法を考えていたときに、ビールを作るというアイデアを思いつきました。」

寺院の醸造所の背景を知ることで、はるかはそれをさらに高く評価し、バイクに戻ると、直販店の少し下にある別の自動販売機を発見しました。

ここでは、昼夜を問わずいつでも寺院のビールを購入できますが、この特定のマシンを使用するには、法定飲酒年齢を超えていることを確認するために運転免許証が必要です。 通常、年齢確認のためにスタッフが常駐しているため、営業所内で自動販売機を使用するための免許は必要ありません。

本州の先端への旅行から家に帰った後、はるかは寺院のビールを渇望していました。 彼女は試してみる前に必ずボトルを冷やし、試飲のために並べました。

▼左から右へ: ピルスナー、ペールエール、アップル

開封すると、まるでバネでひっくり返されたかのように、各ボトルの蓋が飛び散ったので、これは本当のクラフト体験でした。

彼女のビールの飛行は、それぞれが異なる色を持っていることを示しました。ピルスナーとリンゴは茶色がかった色合いを示し、ペールエールは黄金色でした。

ビールを飲んでいると、ハルカは、さわやかな苦味とわずかなアルコールの噛みつきで、すべてが素晴らしい香りを持っていることに気づき、喜んでいました。 それを言うのは不誠実でしたが、 遙はジューシーな焼き肉のスラブとよく合うと思った

ビールの個性は ピルスナー 小麦とホップの強い味と香りがあり、大胆な苦味がありました。 the ペールエール フルーティーな酸味とさわやかな後味で飲みやすかったです。 the アップルビール 青森はリンゴで有名なので、この範囲への素晴らしい追加は、彼女が期待したほど甘くはありませんでした。すべての一口の終わりに果物が覗き込んで、苦味の楽しい対応物を提供しました。

これらは素晴らしいビールであり、佐々木氏の20年にわたるビール製造の経験の真の証です。 それぞれが非常に異なるフレーバープロファイルを持っていましたが、ハルカのお気に入りはペールエールでした。彼女はとても良かったので、将来、コレクションの残りを試すために醸造所に戻ることを誓いました。

▼青森県下北郡のオフィシャルブランド認定を受けており、醸造所のあるおまちょはマグロで有名です。

はるかはまた、300種類のビールを販売している横浜コンビニエンスストアのスタッフに、この寺院醸造所の話を共有するように心に留めています。

特に寺院には流通拡大に役立つオンラインストアがないため、この珍しい醸造所について知っている人はあまりいません。 ですから、日本人でも知らない、とてもユニークなビールを試してみたいという方は、宗徳寺まで北上してみてはいかがでしょうか。 そして、あなたがそこにいる間、あなたはその地域で他の7つの隠された宝石を発見することができます!

神殿情報
白光山宗徳寺/梅香山崇徳寺
住所:奥戸奥戸下北郡青森県93
青森県下北郡大間町奥戸93
Webサイト

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

本土で日本最北端の醸造所は…お寺?!?
Source#本土で日本最北端の醸造所はお寺

Leave a Comment