有形文化財に指定された日本最古の醸造所でビールをお楽しみください

飲み物を飲んで、この話を味わってください 87歳銀座の飲み屋

あることをご存知ですか 87年の歴史を持つ醸造所 銀座として知られる東京の高級ショッピング街で? それはにあります レオンデ銀座ビル、銀座の歴史と文化の非常に重要な部分と見なされているため、 日本の登録有形文化財

芸術作品などの有形物と舞台芸術などの無形物としての建物の両方を含む日本の文化財の指定は、 その文化遺産と歴史的資産を保存する。 これらの資産は文化庁によって管理されており、文化庁はその資産を文化財として指定し、 資産の保護とサポートを提供します

銀座獅子館は1934年に建てられ、日本で多くの歴史を目の当たりにしてきました。 1934年4月8日に大日本ビール株式会社が1階にオープンした醸造所で最も有名です。第二次世界大戦中に東京の多くの醸造所が空襲で破壊されましたが、銀座ライオンビルはなんとか生き残りました。 そして戦後、1945年9月、彼の飲酒室は次のように要求されました。 占領軍のための醸造所。 1952年1月、醸造所は一般に再開され、それ以来(さまざまな所有者の下で)操業を続けています。

銀座ナナコーム醸造所のライオンは、現在知られているように、現在 日本最古の醸造所、 そして、キッチンやその他の設備は近代化されていますが、 部屋の内部は、最初に建てられたときと実質的に同じです。

▼建設時の醸造所

それは当時の素晴らしい華やかさで飾られていました 「豊作」をテーマに。 中には大麦やぶどうをモチーフにした空間を彩り、豊かさを感じさせます。 ルネッサンス期の食堂のような気分です!

目立つです バーの後ろにある大規模なガラスモザイク、ビールを作るために大麦を収穫している女性を示しています。 モザイクの中央には、平和と愛を象徴するアカンサスの花が描かれています。

甚大 矢型の柱 大麦を象徴することを意味し、 丸い泡状のランプ ビールの泡とブドウの形を模倣します。

素晴らしさを増すのは バーカウンターの両側にある2つの大きな噴水、建物の老朽化により現在は稼働していませんが、それでも印象的です。 部屋の内壁はで作られています 赤レンガ、それは場所にさらに贅沢な感じを与えます。 これらのユニークなインテリアデザイン要素は、著名な建築家を含む、作成時に多くの賞賛を獲得しました。

現在、銀座ライオンビルには、醸造所だけでなく、2階にビールとワインのグリル、3階に居酒屋、4階に日本食レストランとバー、6階にパーティースペースがあります。 (かつてはオフィススペースとして使用されていました)。 しかし、醸造所は古い建物の中で最も愛されている部分と見なされています。

▼「クラシックルーム」と呼ばれるイベントスペース

▼また、元の形で保存されています(以下を参照)。

今年は銀座獅子館が始まりました 87周年ですから、地元の人々が醸造所をほぼ90年間大切にしてきたという事実は、確かに有形文化財として指定された要因であり、これにより、醸造所はさらに何年も保存できるようになります。

赤の広場にあるロシアの店で買い物をしたり、コメダイスにある植物由来のものを食べたりした後、歴史が染み込んだビールを楽しむ場所を探しているなら、この貴重な銀座醸造所に立ち寄って忘れられない体験をしてください。 天気。

醸造所情報
レオン銀座南丁目テンビアホール/レオン銀座7丁目ビアホール
東京-中央区銀座7-9-20銀座ライオンビル1F
東京都中央区銀座7-9-20銀座ライオンビル1F
営業時間:午前11時30分から午後10時30分(月〜土)、午前11時30分から午後1時。 (日・祝日)
Webサイト

出典、画像:PR Times
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

有形文化財に指定された日本最古の醸造所でビールをお楽しみください

Source#有形文化財に指定された日本最古の醸造所でビールをお楽しみください

Leave a Comment