最高の日本のクリスマスケーキを販売しているコンビニエンスストアはどこですか?

ほほ…え?

国内で最高のコンビニエンスストアのピザやシチューを試した後、住人の佐藤さんはブラッドハウンドを見つけました-はい、ブラッドハウンド-季節の特産品を試すのが彼の義務だと感じました- コンビニのクリスマスケーキ

日本では、クリスマスケーキは伝統的に ストロベリー・カップケーキ、クリスマスの赤と白の色で飾られ、縁起の良い色のように見えます。 売り上げがピークを迎える全国の店舗で見つけることができます。 クリスマスイブ、日本のクリスマスケーキを食べる伝統的な時間

それで、クリスマス前の午後、佐藤さんが国の3つの主要なコンビニエンスストアチェーンのそれぞれからケーキを買いに出かけたとき: ローソン家族 市場、Y セブンイレブン -土壇場でのラッシュに備えて、棚に十分な在庫があることがわかりました。

▼セブン-イレブン

▼ローソン

▼ファミリーマート

佐藤さんは大きな箱を持ってオフィスに戻ったとき、サンタ佐藤のように感じました。それらはすべてプライベートラベルの品種であり、公正な味わいのためにサイズが均一でした。

▼サンタ佐藤さんが最初に読んだのはセブン-イレブンの「ストロベリーケーキ「、価格は2,180円(19.06米ドル)。

これは、上に3つのふっくらとしたイチゴと小さなクリスマスの飾りが付いていました。これらはすべて、日本の伝統的なクリスマスケーキの良い要素です。

▼次は ローソン いちごショートケーキ内カフェ (2,760円)。

これはまた、4つのイチゴとクリスマスツリーの装飾が施された伝統的なスタイルのケーキのすべてのボックスにチェックマークを付けました。

▼最後に、 ファミリーマート ホワイト・クリスマス (1,690円)。

サンタ佐藤はがっかりして首を横に振った。 イチゴも本物の装飾もありません…真っ白でした、 凍った雪のフィールドのように

彼はすべてのケーキを並べて並べました、そして他のものと比較したファミリーマートの提供の違いは明白でした。 赤いイチゴの大胆な輝きがなければ、それは喜びのないクリスマスのようでした。 確かに、他の2つよりもはるかに安かったのですが、サンタ佐藤は、休日の歓声を上げるために、少なくともイチゴを上に置くことができればと思っていました。

それでも、試食まで予約することにしたのですが、その時、サンタ佐藤さんの上司の吉尾さんから、ファミリーマートのケーキにはイチゴが2つ入っていて、別々にパッケージされているとのことでした。

▼しかし、どういうわけか、このピンクと白のいちごの箱は、サンタ佐藤が行った店の箱に入っておらず、スタッフも教えてくれませんでした。

さて、それはこれを平等な競争の場にしました、そして、1,690円の2つのイチゴのショートケーキは決して無視できないからです。 それを念頭に置いて、サンタ佐藤はそれぞれのケーキを切り取って、それぞれの断面を明らかにし、それぞれをかじりました。

セブン-イレブンのケーキ(下の画像の左側)は、完全に均一な層のモデルケーキのように見えました。 ケーキと生クリームの間にいちごペーストがたっぷり入っていて、美味しかったです。 良い標準的なクリスマスケーキ。

ローソン(真ん中)はその値段で描かれました。 生クリームは美味しく、スポンジは軽く、枕のようにやわらかいクリームでした。 素晴らしいクリスマスケーキ。

ファミリーマート(右)は、クリームにピーチジャムが少し入っていたので少し驚きました。 これは間違いなく非正統的でしたが、サンタ佐藤にとって、ここでの薄い層と不釣り合いに大きいクリームのトッピングは、味蕾がより多くの風味を求めて叫び続けたため、彼を失望させました。

今年のコンビニエンスストアの日本のクリスマスケーキの世界では、ローソンが最初にランク付けされ、次にセブン-イレブン、次にファミリーマートがランク付けされています。 しかし、サンタ佐藤の評決は来年、新しいケーキが店に現れて彼を引き付けるまでしか有効ではありません。それは彼が最善を尽くし、揚げ物の便利さを除いて、真の日本のスタイルを適切に祝うときです。お店。 チキン!

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

最高の日本のクリスマスケーキを販売しているコンビニエンスストアはどこですか?

Source#最高の日本のクリスマスケーキを販売しているコンビニエンスストアはどこですか

Leave a Comment