最高のバターチキンを販売している日本の店はどこですか? 【味覚テスト】

ローソンマートファミリー Y セブンイレブン このカレー対決で真っ向勝負!

日本のコンビニエンスストアで最高のビーフシチューを探した後、日本人記者の佐藤さんが新しい検索を行いました。今回は 日本一のコンビニバターチキンカレー

そのため、国内のコンビニエンスストアチェーンのトップ3にランクインし、次のプライベートラベルを提供して戻ってきました。

ローソン: バターチキンカレー180グラム(6.3オンス)298円(2.63米ドル)
セブンイレブン: 香辛料バター入りチキンカレー190グラム、321円
マートファミリー: 全国焼き鳥! リッチバターチキンカレー186グラム398円

▼左から右へ:ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート

佐藤さんはレトルト袋を沸騰したお湯の鍋に浸して加熱した後、容器に入れて並べて味覚検査を行いました。 量的には3つの間に大きな違いはないようでしたが、私たちの記者は無視できませんでした セブン-イレブンとファミリーマートの100円以上の価格差。 この価格差は味に違いをもたらしますか?

佐藤さんはそれに真剣に取り組み、それぞれをテストし、3位の勝者を宣言しました…

▼ローソンのバターチキンカレー!

これを試してみると、バターチキンの温かく親しみやすい味に出会えました。 少しスパイシーで少し甘いですが、レポーターの味覚を刺激することはありませんでした。 これは安全にプレイし、味覚をさらにひねって味わうのではなく、標準的な味で行くことを選択しました。

第二に…

▼ファミリーマート 全国焼き鳥! バターがたっぷりのチキンカレー

ファミリーマートは、トマト、バター、スープのスープを使って、「リッチ」な面でそれを間違えるのが好きです。これは、甘さに強いフレーバープロファイルを作成します。 パプリカ、チリパウダー、赤ピーマンが後味に残っているので、ここの味蕾にはいくつかの追加の興奮があります。

▼このカレーは風味が強く、コクがあり、ふくよかで冬にピッタリです。

つまり、私たちの最初の勝者は…

▼セブンイレブンのバターチキンカレー!

佐藤さんはこのカレーを「恐ろしい」と表現しました。 コンビニエンスストアのレプリカカレーパケットでこんな味ができるとは思ってもみませんでした。 彼はカレーの味にとても興奮していたので、それを味わい、喘ぎ、 「全然違う!」

ファミリーマートとローソンがバターチキンにヨーロピアンスタイルの和風を取り入れているため、セブン-イレブンは別の道を歩み、 和風からインド風へ それは他の2つよりも頭と肩です。 の味 カルダモン Y シナモン それは非常に顕著であり、このバターチキンカレーの対決で1位を獲得したのはこのおいしいスパイスの組み合わせです。

しかし、佐藤さんは どちらがご飯に合うかというと、結果は少し異なります。 彼の意見では、ファミリーマートとセブン-イレブンの両方の品種は、風味が強いためナンと一緒に楽しむのが最適ですが、ローソンバターチキンの甘い風味プロファイルは、米によく合います。

したがって、カレーの楽しみ方によっては、ローソンが他のカレーよりも好みに合う場合があります。 それでも佐藤さんは、今年の冬にセブン-イレブンでバターチキンを食べに行く予定です。最高のコンビニエンスストアのマルゲリータを欲しがっているときは、どこに行くのかわかります。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

最高のバターチキンを販売している日本の店はどこですか? 【味覚テスト】

Source#最高のバターチキンを販売している日本の店はどこですか #味覚テスト

Leave a Comment