時代は変る:私たちの記者は恵比寿の変化する風景を振り返る

麻理子さんは、20年前の思い出と比べて、東京のある近所の違いを垣間見ることができます。

私たちの日本語が対応するとき 大花畠真理子 00年代前半は大学生でした 東京の恵比寿地区は、彼女の仲間の間でレジャーの最高の目的地でした。 おしゃれなレンガ造りはもちろんのこと、小さな映画館や東京都写真美術館など、ショッピング、食事、文化的アトラクションがたくさんあるため、特に人気のあるデートスポットでした。 しかし、2021年に高級三越百貨店の恵比寿支店が閉鎖され、今年初めに恵比寿ガーデンシネマが一時的に閉鎖されたため、彼女は少し心配しました。 「最近、恵比寿は本当に大丈夫ですか?」 彼女は疑問に思いました。 見つける方法は1つしかなかったので、彼女は数年ぶりにその地域を自分で調べに行きました。

恵比寿の心は間違いなく 恵比寿ガーデンプレイス、レストランやショップが密集している屋外エリア。 実際、この地域はもともとビール醸造所を中心に成長しており、現在でもヱビスビール博物館があります。 2005年のJドラマの有名なシーンのおかげで、私は日本を訪れる前に恵比寿のことを個人的に聞いていました。 花より男子 (同名の漫画を元に)恵比寿ガーデンプレイスの時計広場で2人の主人公が出会うことになっている。

▼ちなみに、「ヱビス」のつづりは、現代日本語では「イェビス」の記号が使われなくなったものの、レトロな雰囲気を出すためのものです。

恵比寿ガーデンプレイスは、JR恵比寿駅東口の外にあります(JR山手線ループの便利な場所にあります)。 麻理子さんは最近、東京メトロ日比谷線の恵比寿駅と西口近くのアトレショッピングセンターを訪れていましたが、久しぶりに恵比寿ガーデンプレイスを探しました。

東口から恵比寿ガーデンプレイスまで伸びるゆったりとした動くスカイウォークは彼女にとってニュースだった。

羽田空港と千葉県の中山競馬場で、これだけの歩道を見たことがあります。 最近では、ほとんどすべての駅の前にアトレやルミネのような便利なショッピングエリアがあるので、買い物をするためにここまで移動する必要は比較的不便でした。

スカイウォークを7分歩いた後、ようやく恵比寿ガーデンプレイスが見えてきました。 優雅なレンガ造り、中庭の緑、そしてシャトーレストランジョエルロブションの城のような顔が背景をのぞき込んでいたのは、マリコが覚えていた通りでした。

しかし、よく見ると、すぐ近くにある建物のほとんどが営業していないことがわかりました。

彼女は、ヱビスミツコシの場所が閉鎖されたことを知っていましたが、ビアガーデンの建物自体(おそらく恵比寿の唯一の最も有名なシンボル)も閉鎖されました!

その上、入り口のすぐ内側にあるスタイリッシュなオリーブオイル専門店も営業していませんでした。

彼女が見る限り、実際に開いているお店はほんのわずかでした。 その地域には事務所やアパートがあったので、人々はまだ通り過ぎていましたが、この光景は彼女の心に幾分気のめいるようでした。

これは恵比寿ガーデンプレイスのイメージとは全く一致しませんでした。 少し誇張されたのかもしれませんが、彼女が感じることができたのは都心の荒廃の感覚だけでした。

まるで彼女の憂鬱な気分を読んでいるかのように、その瞬間、孤独な鳩が小雨の中を通り過ぎた。

▼雨の中の孤独な鳩–それは気分です

麻理子は少し時間をとって一緒になってから、という新しい場所をチェックすることにしました フーディーズガーデン 4月15日にオープンしたのは、今秋オープン予定のセンタープラザビルに先駆けてオープンした新しいマーケットエリアだったと思われます。

主に食品を中心とした9店舗 現在営業を開始しているので、これは少なくとも有望に聞こえます。

ミックスで最大のショップは 中央広場。 ライフスーパーマーケットチェーンの旗艦店で、新鮮な野菜、肉、有機食品を豊富に取り揃えています。

ちなみに、敷地内で食事ができる場所は少ないですが、中央広場の一角が麻理子さんの注目を集めました。絞りたてのオレンジジュースです。

絞りたてのジュース1杯は324円(2.53米ドル)。 それは絶対においしいです、そしてあなたが氷が欲しいか氷がないかを選ぶことさえできます。 ほんとうに甘さを出したいなら、氷を使わないことをお勧めします。

次のお店は 明治屋。 この場所には、新鮮な野菜、肉、その他の一般的なブランドもたくさんあります。

麻理子さんは、食品輸入店を見て嬉しい驚きを覚えました カルディコーヒーファーム。 カルディで世界中のさまざまな食材を閲覧するのはいつも楽しいです。

次は トミズ、製菓専門店。 買いすぎないように、彼女は本当にここで自分を支配しなければならないでしょう。

ドラッグストア トモズも登場します。 彼女がその地域にいて、胃が痛くなり始めたのか、ピンチでアイライナーが必要だったのかを覚えておくとよいでしょう。

何よりも、 ミスターミニット 複合施設で。 彼女のかかとやかばんが壊れたら、これは本当に便利でしょう(東京の真ん中で一度起こったのですが…)。

続いて、お客様はハムとソーセージで作った料理を 山吹デリカテッセン

リストの締めくくりは 大阪焼肉レストランホロモン双子 と花屋 ボンマルシェ。 まとめると、フーディーズガーデンにある9店舗はすべて、麻理子さんが以前聞いたことのあるチェーン店です。

それでも、特に地元の人々にとっては、これらすべてのオプションを1か所にきちんとまとめておくと非常に便利なはずです。 おそらくそこに見つけられないものは何もないでしょう。 例えば、下の写真は約30種類のバターです。 食愛好家のパラダイスになること間違いなしです。

彼女が見ることができるように、Foodies’Gardenの主な欠点は、多くの食材が珍しいブランドであり、高価な面にあることです。 彼女は、特定のアイテムの未知のブランドを決定しようとしたときに、どこから始めればよいのかさえ知りませんでした。 さらに、セントラルスクエア、明治屋、トミズ、カルディコーヒーファームなどのいくつかの店舗では、多くの点で非常によく似た商品を提供しています。 彼女は時々まったく同じ店を歩いているように感じました…

▼右側の一番高い行列は2,100円。

Foodies’Gardenは地下2階(B2)にあるため、通りがかりの人は入り口を見逃しがちです。 開店を祝うために訪問中、麻理子を案内する外にたくさんの看板がありましたが、それらは時間の経過とともに消える可能性があります。

そして、麻理子は少しほろ苦いメモで一日を終えました。 思い出の恵比寿ガーデンプレイスはもうありませんが、秋にリニューアルオープンすることを知りました。 それを待っている間、彼女は再び山梨のグリーンヒル八ヶ岳レクリエーション施設を訪れて心と体をリフレッシュすることができるかもしれません。

参考:恵比寿ガーデンプレイス
すべての画像©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

時代は変る:私たちの記者は恵比寿の変化する風景を振り返る
Source#時代は変る私たちの記者は恵比寿の変化する風景を振り返る

Leave a Comment