是枝裕和がカンヌに韓国のオールスターとの「プレッシャー」を感じたと語る

カンヌ映画祭の最優秀賞を争う、高く評価されている日本の映画製作者是枝裕和は、彼のオールスターの韓国人キャストがおそらく彼を韓国人監督の羨望の的にしたので、成功へのプレッシャーを感じたと言います。

2018年に「万引き家族」でパルムドールを獲得した後、是枝は「ブローカー」でカンヌに戻ってきました。これは、不要な赤ちゃんを「ドロップボックス」に残すという物議を醸す慣行についての映画です。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。是枝裕和がカンヌに韓国のオールスターとの「プレッシャー」を感じたと語る
Source#是枝裕和がカンヌに韓国のオールスターとのプレッシャーを感じたと語る

Leave a Comment