昭和のカレーはどんな味がしますか? 昔ながらのルーで作ってみます

私たちの日本語記者は何を期待するのか分かりませんでした。

あなたが何で育ったとしても、あなたはいつもあなたの若者を愛情を込めて振り返る時があります、そして私たちの何人かにとっては、 最高の思い出は食べ物を中心に。 そして、それらの思い出を追体験するために時間を遡ることはできませんが、それらの食べ物とその懐かしい味を再現することによって、それらを生き生きとさせることができます。

だから私たちの日本語レポーター クロネコ葵 「を見つけることに興奮しました夏橋の昭和カレールー」(「ノスタルジックカレールー」)は、昭和(1926年〜1989年)のカレーの風味を再現したものです。 1985年生まれの葵は、昭和の多くを見ることができるほど年をとっていませんが、この魅力的な商品を見つけました。 昭和のカレーはどんな味でしたか? 今日のカレーとは違いますか? 葵はそれを見つけるのが待ちきれなかった。

でもまず、明治時代にカレー粉が日本に初めて届いたことをご存知でしたか? 実は明治時代のルーも試してみることができます。 カレーは1905年に日本に紹介されたので 昭和が転がる頃には、今日私たちが知っていて大好きなカレーのバージョンにすでに近づいていたのかもしれません。。 念のため、葵はパッケージの裏にある説明書をチェックして、必要なものがすべて揃っていることを確認しました。

おすすめの材料は お好みの肉、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、そしてもちろん昭和カレールー。 うーん…今日のカレーと全く同じです。 唯一の違いはおそらくそれでした 昭和カレールーは粉末状でした 多くの日本のカレールーが入ってくるブロックではありません。

いつものようにカレーを作っているように見えましたが、 葵は、パッカの裏にある指示に必ず従ってください。ジー。 最初のステップは、材料を彼女が好むサイズにカットすることでした。

それから彼女は野菜と肉を揚げました…

そして水を入れて沸騰させ、火が通るまで煮込んだ。 それから彼女は火を消し、火を弱くする前にルーを加えました。

要するに、 準備の手順は、現在のカレーとまったく同じでした、それは一種の失望でした。 葵はもう少し期待していた…昭和。 おそらく、彼女が完成品を入れるためにこれらの金属サーバーの1つを持っていたとしたら?

さて、昭和らしさが味わいに出てくるのではないでしょうか。 出来上がったカレーは 少し黄色がかった色合い 現在のほとんどの日本のカレーよりもそれに。 味が違うかどうかを知る準備ができて、葵は最初の一口を取りました…

それ以来、子供向けの既製のカレーと非常によく似ていました そのスパイスはとてもかすかでした。 辛くなかったので、ちょっと不思議でした。 今日のほとんどのカレーでは、味と香りはそれを食べた後、特にあなたの息で少しの間あなたに固執します。 しかし、このカレーにはそれはありませんでした。 後味はとてもきれいでした、そして葵は、昭和カレーを一杯食べてから5分後、息を切らさずに大切なビジネスクライアントとの打ち合わせができるのではないかと推測した。

最近の「最高のカレー」の多くは、複雑なスパイスミックス、隠された味、または贅沢な材料を含んでおり、五感すべてを刺激することを目的としていますが、 対照的に、このカレーはまったく目立たないですが、可能な限り最高の方法で。 それはあまり強く主張しないカレーであり、これは実際には素晴らしい変化です。特に、口蓋に少し軽いものが必要な場合はそうです。 葵は、こんなカレーは今まで食べたことがないと自信を持って言えます。 とても面白い経験でした。

このカレーについて彼女を嬉しく驚かせたもう一つのことは、それが粉末であるにもかかわらず、 塊になったり、溶けたりするのに問題はありませんでした。 それは非常に迅速かつスムーズに水に組み込まれました。 また、パッケージは非常に簡単に開封でき、常にメリットがあります。 このカレーは作りやすさから、令和の人々の忙しい生活に驚くほどよく合います。 おそらく昭和カレーはカレーそのものと同じくらい時代を超えています。

画像©SoraNews
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

昭和のカレーはどんな味がしますか? 昔ながらのルーで作ってみます
Source#昭和のカレーはどんな味がしますか #昔ながらのルーで作ってみます

Leave a Comment