日銀の最新の取締役会メンバーは、日本でインフレが上昇していると見ています

日本銀行の最新の理事会メンバーは、銀行が金融刺激策を実施しているにもかかわらず、注意を払うに値する国の価格上昇傾向が徐々に現れていると述べた。

日本の消費者物価は「永遠にゼロ付近にとどまるとは思えない」と中川順子理事は今週、6月の銀行入社以来の初めての外国報道機関へのインタビューで語った。 「上向きの圧力は少し強くなっています。」

中川氏のコメントは、価格上昇が銀行の2%の目標を達成するのに何年もかかるという見解を固守しているにもかかわらず、彼女と彼女の同僚は日本のインフレが再び解約し始めていることを示唆している。

エネルギーコストの上昇は、過去2か月で1年以上ぶりに日本の主要な消費者物価指数の上昇を助けましたが、その上昇は他の経済や中央銀行が直面した価格上昇とはかけ離れていました。

野村ホールディングスのシニアエグゼクティブである中川氏は、「確かに2023年度までは目標価格に到達しないが、為替レートや石油価格の高騰などにより、加工食品などの価格が上昇している」と語った。 。日銀に参加する前。

今週、円は4年以上で対ドルで最低水準に下落し、輸出業者の収益を押し上げるだけでなく、国の輸入コストも上昇させました。

黒田東彦総裁は先月、現在の円安は「間違いなく」景気に良いと述べたが、中川氏はそれほど進んでおらず、プラスとマイナスの両方の影響があると述べた。

同氏は、「最も望ましいのは、短期間に高いボラティリティに対処することが難しいため、通貨が経済のファンダメンタルズを反映し、着実に動くことである」と述べた。

日銀がパンデミックの影響を受けた企業の資金調達を支援するために危機プログラムを縮小し始めることができるかどうかという質問について、中川は今月、大企業の信用状況が改善していると述べた黒田からの最近のコメントを繰り返した。悪戦苦闘。 特に対面サービスで。

「最も重要な点は、プログラムに変更を加えた場合、経済活動がそれに耐えるのに十分強いかどうかです」と中川氏は述べ、決定はなされていないと付け加えた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ登録

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日銀の最新の取締役会メンバーは、日本でインフレが上昇していると見ています

Source#日銀の最新の取締役会メンバーは日本でインフレが上昇していると見ています

Leave a Comment