日銀のチーフは、気候変動との戦いを「コスト」とは見ていないと述べています

黒田東彦日銀総裁は月曜日、脱炭素化の取り組みがイノベーションを促進し、産業と雇用を創出する可能性があるため、気候変動への取り組みを「コスト」と見なすべきではないと述べた。

黒田氏は、金融フォーラムで、脱炭素化に向けた取り組みを行う業界を支援する金融セクターの重要性を強調し、かなりの時間がかかるとの見方を示した。

黒田氏はオンラインフォーラムで、「経済全体の脱炭素化を推進することで、短期間で脱炭素化が困難な分野や産業の構造変化を安定的に支援することが重要だ」と述べた。

「気候変動への取り組みは、経済成長のコストや制約と見なされるべきではないことを強調したい」と彼は述べた。

気候変動への対応は、主要な中央銀行の間で重要な問題です。 日銀は、気候変動に対応するための事業融資や投資のために、金融機関に無利子の資金を提供するプログラムを12月に開始することを決定しました。

黒田氏は、グリーンボンドの発行は他の先進国に比べて低いままであり、国は「銀行中心の」金融システムを持っているため、この措置は日本にとって最も効果的であると述べた。

日本は、2050年までに二酸化炭素排出量を純ゼロに削減するという目標を設定しています。

黒田氏は、気候変動と脱炭素化の取り組みの影響について「かなりの不確実性」があることを認めました。

「今後数十年でそれらが社会、経済、金融にどのように影響するかを正確に確信することはできない」と彼は述べ、金融システムは気候関連のリスクに対して回復力がなければならないと付け加えた。

日本経済の状況について、黒田氏は最近確認されたコロナウイルスの症例数が大幅に減少傾向にあることを楽観視している。

「日本経済は今後数ヶ月でCOVID-19の影響を克服し、数ヶ月で回復と成長の段階に入ると確信している」と彼は述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日銀のチーフは、気候変動との戦いを「コスト」とは見ていないと述べています

Source#日銀のチーフは気候変動との戦いをコストとは見ていないと述べています

Leave a Comment