日本銀行を見ている人にとって、株は言葉よりも雄弁です

日本銀行は、市場を揺るがすことなくパンデミックの刺激を減らすために、同業他社よりもステルスなアプローチを取っています。

日銀や連邦準備制度理事会などが今週会合を開く中、日本の中央銀行は、上場投資信託の購入を削減し、社債の購入を削減した後、いくつかの面ですでに群を抜いています。

ETFの動きは、3月の事後にフラグが立てられました。 すでに進行中の企業債務の削減は、金曜日に正式に発表される可能性があります。

2013年のテーパータ​​ントラムの繰り返しを回避するというFRBの強い電報とは対照的に、日銀は最初に行動し、その後の動きを特徴づけます。

黒田東彦総裁のアプローチは、市場を混乱させることなく、より持続可能なコストで日銀の余裕を最大化するのに役立ちます。

第一生命研究所の熊野英生最高経営責任者(CEO)は、「全体的なダウンサイジングの議論は日銀が避けているものだ」と述べた。 「ある意味、彼らがしていることは、彼らが非常にうまくやっていると言うことができます。」

黒田氏は、2013年に日本でインフレを引き起こすことを目的としていわゆる刺激策「バズーカ」を立ち上げ、経済規模を超える資産を積み上げたが、当初の積極性は衰えた。

日銀は、はるかに少ない金額の購入を開始してから4年後に、年間80兆円(7,000億ドル)の債券購入ガイドラインを削除しました。 日銀のデータによると、銀行の債券保有は今年これまでのところ減少しています。

パンデミックによる市場の混乱の真っ只中にETFの購入が急増したにもかかわらず、日銀は2018年以来6兆円の資金を購入する軌道に乗っていません。今年の3月にその目標を放棄しました。

銀行の企業債務購入は2020年12月以来減少しています。

従来の削減についての議論を回避することにより、日銀のいわゆるステルス削減は、必要に応じて急な通知で再び購入を増やす余地を与えます。

黒田氏は、銀行が段階的に廃止されるという考えに繰り返し反論しており、他の主要経済国とは異なり、日本のインフレが2%の目標からかけ離れている場合、この考えを主張するのは馬鹿げていることを示唆しています。 主要な消費者物価は10月にわずか0.1%上昇しました。

中央銀行の資産購入に対するより柔軟なアプローチは、波及効果を減らし、長期的に購入し続けることができるようにするのに役立ちます、と日銀は述べました。

投資家は日銀が行っていることの特徴を常に理解しているわけではありませんが、日銀の戦略は市場を揺るがすことなく継続しています。

TSロンバードのマクロ調査責任者であるFreyaBeamish氏によると、日銀は他の先進国市場の中央銀行よりもアプローチの柔軟性が高いとのことです。

「それは日銀のステルスな早期撤退を容易にしました。 対照的に、FRBは現在、オーバーホールを加速し、株式市場を狂わせない方法でそれを伝える立場にある」と述べた。

最終的に、市場参加者は、株が言葉よりも雄弁であることに気づきました。

元日銀のチーフエコノミストである早川英男氏は、「日銀が何をしているのかを聞くよりも、見る方がわかりやすい」と述べた。 「ある意味、日銀はしばらくの間、ダウンサイジングを終わらせてきた」と語った。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本銀行を見ている人にとって、株は言葉よりも雄弁です

Source#日本銀行を見ている人にとって株は言葉よりも雄弁です

Leave a Comment