日本酒ブランドのダッサイは、労働者の初任給を40%以上引き上げ、給与を2倍にすることを約束します

日本で最も愛されている日本酒醸造所は、人々に彼らを愛するもう一つの理由を与えます

旭酒造、生産する醸造所 ダッサイ日本で最も人気のある日本酒ブランドの1つである、は少し違ったやり方をしています。 たとえば、彼らは、顧客に正式に要求するために全ページの新聞広告を出した会社です。 いいえ 彼らの製品に高い価格を払う。

とはいえ、旭酒造自体が窮地に立たされているわけではありません。 木曜日に、同社は採用慣行の変更を発表しました。 新入社員の初任給を40%以上引き上げ、月額9万円(780米ドル)の増額に相当します。

多くの日本企業と同様に、旭酒造は大学を卒業したばかりの新入社員に標準契約を提供しています。 以前はこの契約の月給は21万円でしたが、2022年度(春から)から月給は 30万円に跳ね上がった

日本の新卒者には、約20万人の初任給がかなり一般的であり、給与は通勤手当によって定期的に補われ、多くの企業が住宅手当と年2回のボーナスも提供しています。 岩国の比較的田舎の町にある旭酒造では、月に9万円の追加料金で、かなり素敵なシングルのアパートに十分な額になるはずです。

さらに、旭酒造の計画として、これは労働者報酬の複数の増加の最初のものにすぎません。 今後5年以内に2倍の労働者の給与 「私たちは、ダッサイの品質において中心的な役割を果たしている制作チームのメンバーに誇りを持っています。」 旭酒造は言う、 「そして、美味しい日本酒を作り続けることができる環境を作りたいと思っています。」

旭酒造は、労働者の世話をするだけでなく、モスバーガーダッサイミルクセーキやダッサイ抹茶トリュフなどのパートナーシップでその範囲を拡大しています。 海外でも人気が高まっており、昨年9月に旭酒造の海外売上高が国内需要を上回ったのは初めてであり、高級酒を中心とした新たな醸造所の創設も視野に入れています。

出典:おたこむ経由食品三陽新文社
トップ画像©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本酒ブランドのダッサイは、労働者の初任給を40%以上引き上げ、給与を2倍にすることを約束します
Source#日本酒ブランドのダッサイは労働者の初任給を40以上引き上げ給与を2倍にすることを約束します

Leave a Comment