日本気象協会、容赦ない夏の暑さを表現する新しい言葉を作成

時々「アツイ!」 だけでは十分ではありません。

日本語では、「暑い」という言葉は(暑い天気のように) あつい. しかし、昼夜を問わず非常に暑いときは、実際には政府の公式用語があります。.

気象庁(国土交通省の一部)によると、気温が摂氏35度(華氏95度)を超える場合は、 ムーショビ、 また 「猛暑日」。 一方、夜間の最低気温でさえまだ摂氏 25 度 (華氏 77 度) を超えている場合は、 ねったや、 また 「熱帯夜」。

▼ 残念なことに、政府は「熱帯の夜」に爽やかなトロピカル ドリンクの非常食を配給する政策をまだ制定していません。

しかし、物事がさらに熱くなるとどうなりますか? 政府の用語は、これらの 35/25 度のしきい値を超えているため、 日本気象協会非政府気象協会である .

回答を集計した後、協会は吹き替えました 気温が40度を超える日 (華氏104度) 黒書美、 また 「猛暑日」。

その先の夜に ねったや? ここで日本気象協会は、物事を説明的かつ単純に保つことを決定しました。 夜間の最低気温が摂氏 30 度を下回ることはありません (華氏 86 度) なら、 ちょうねったいや、 また 「超熱帯夜」

ありがたいことに、どちらも 黒書美 または ちょうねったいや 日本ではよくあることです。 1875年に近代的な記録管理が開始されて以来、摂氏40度を超える気温の発生記録は67回しかなく、主に東日本の関東地方と東海地方の合計32か所で観察されました. 超熱帯夜はさらにまれで、11 か所で 15 回しか観測されておらず、そのほとんどすべてが日本の本州の北向きの海岸に沿って走る北陸地方にあります (新潟県では 7 回記録されています)。 ちょうねったいや、その他の都道府県は2つまで)。

ただし、記録は8つしか示していません 黒書美 2000 年より前に発生したもので、2018 年以降に発生したのは 40 件で、最新のものは今年の 6 月です。 日本気象協会は、夏が終わる前に再び見られるかもしれません.

出典: Tenki.jp 八馬機工経由
トップ画像:パクタソ(SoraNews24編集)
画像挿入 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

日本気象協会、容赦ない夏の暑さを表現する新しい言葉を作成
Source#日本気象協会容赦ない夏の暑さを表現する新しい言葉を作成

Leave a Comment