日本最西端の与那国島のすごい3つ

市内に住む本州出身の日本人記者には驚きがたくさんあります。

日本は島国であり、その中には ヨナグニ、 どれの 日本の最西端の人が住んでいる地域、東京の南東2,000キロ。 そこを旅するには、まず沖縄に行き、次に石垣島に行く必要があります。 その後、飛行機または悪名高い「嘔吐フェリー」に乗って与那国島に到着する必要があります。与那国島は、日本の主要な島々よりも実際には台湾に近い場所です。

日本語の記者 Kouhey 彼は最近、人生で初めてヨナグニに来ました。 Kouheyは日本のいくつかの離島に行ったことがあるので、その魅力に不思議ではありません。 しかし、どういうわけかヨナグニはなんとか彼を驚かせた。 実際、あなたは共有したい 日本本土では決して見つけられない与那国島の3つの素晴らしいこと

サプライズn。 #1:驚くべき岩層がたくさんあります

KouheyがYonaguniに着いたときに最初にしたことは 原付を借りて、島の崖が並ぶ海岸に沿って乗る、彼は彼らがいっぱいであることに気づきました 雄大で美しい岩の構造

コウヘイは沖縄の神々の島、オガミに行ったことがあるので、神話のように見えるかなり素晴らしい層を見たことがありますが、与那国島は彼の信じられないほどの岩の層が真ん中に現れるという点で異なっていました 海に降り注ぐ急な岩の崖。 ヨナグニの印象的な岩の崖は、コウヘイに畏怖と恐怖の両方を引き起こした驚くべき自然の力の証です。

最も驚くべきフォーメーションの1つは 立神岩、与那国島のシンボルとされることも多い。 遠くの何かを誇らしげに見ている海に立っている姿のようです。。 見ているだけで、そこから力強いエネルギーを引き出すことができるような気がします。

その同じ岩の形成は、見たときに完全に異なって見えます 別の角度から、しかしそれはまだ信じられないほどの光景です。 Kouheyはとても刺激を受けたので、彼はトップに登ることができればと思っていました。 (幸いなことに、彼は試みませんでした。)

ヨナグニは戦艦のような岩である軍艦岩でも有名ですが、 KouheyはKuburabariという場所を見てとてもうれしいです。

これはのサイトでした 琉球王国時代のとても悲しい習慣 人口に基づいて人頭税が地方に適用されたとき。 伝説によると、当時のヨナグニは人口を低く抑えることで税金を引き下げようとしていたため、妊娠中の女性は岩の間の3〜5メートル(9.8〜16.4フィート)の割れ目を飛び越え、死に向かう危険を冒していました。 。 またはストレスによる流産。

Kouheyが奇妙なフォーメーションに近づいたとき、彼はそのような習慣を経験す​​ることがどのようなものであったに違いないかを想像せずにはいられませんでした。 彼は岩の一つの頂上に登り、それらの間の割れ目の端に近づきましたが、長い間それの近くにとどまることができませんでした。 いつでもあなたを捕まえることができると本当に感じました。、それで彼女はすぐに彼から離れました。

これとヨナグニのフォーメーションの多くに対するKouheyの印象は、「私がその上に落ちたら、おそらく死ぬだろう」というものでした。 ヨナグニの岩層は 素晴らしいと恐ろしい両方

サプライズ#2:墓地は考古学的な宝物です

本土の墓とは異なり、沖縄本島の歴史ある墓は長方形の石で飾られているだけでなく、 東京の小さなアパートほどの大きさの巨大な石碑。 それらの多くは地下室のように屋根さえ持っています。 多くの訪問者にとって、これは驚くべき発見かもしれません。 Kouheyは、初めてそれらを見たとき、確かに驚いていました。

彼は現在、沖縄の八重山列島に10回以上行ったことがあるので、これらの墓地にはかなり慣れています。 しかし、ヨナグニを見るのは非常に驚きでした。 いくつかの墓は崖に直接掘られました、これはKouheyが他のどの島でも見たことのないものでした。 それらは基本的に考古学的および歴史的な宝物です。

もちろん、それが素晴らしいと思うかどうかはあなたの視点に依存しますが、Kouheyにとって、それは彼が前に見たことがないものだったので、彼はそれが素晴らしいと思いました。

サプライズn。 3:いたるところを歩いている馬がいます

ヨナグニには、 「テキサスロード」、そしてある意味で、これはコウヘイにとって島の最も驚くべき部分でした。 たとえ道路だったとしても 彼らは車でいっぱいではありませんでしたが、馬でした!

Kouheyがレンタルしたモペットで島を旅行しているときに、テキサスの高速道路の1つと合流する場所に出くわしました。 あなたがあなたの方向に道を下って来るのを見たのが車ではなく、あなたの驚きを想像してみてください。 馬の群れ全体!!!

彼らはその場所を所有しているようにただ歩き回っていました。 Kouheyが推測したように、おそらくそうしました。

馬がヨナグニの道を歩くのはとても一般的で、実際、コヘイは見ました ほぼ連続した馬の糞の列がその後に残った。

本当に見る光景でした。 実は、与那国島全体が、都会の住人であるコウヘイに最初から最後まで驚きました。 しかし、 美しい海..。

特異な植物..。

美味しい泡盛酒..。

そして、ヨナグニの素晴らしい景色のすべてで、コウヘイは、家に帰るために再び「嘔吐フェリー」に乗らなければならなかったとしても、島を訪れることができてうれしかったと正直に言うことができました。 とても離れているので、気まぐれで訪れることができるような場所ではありませんが、機会があれば、Kouheyは間違いなくそれをお勧めします!

画像©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

日本最西端の与那国島のすごい3つ

Source#日本最西端の与那国島のすごい3つ

Leave a Comment