日本最小のファミリーマートが閉店

非常に珍しい場所にあるコンビニのアイコンにさよならと言われます。

日本にはたくさんあります ファミリーマート 全国にコンビニが点在していますが、疑問に思ったことはありませんか それらすべての中で最小のものはどれですか

その称賛は、あるファミリーマートに行きます 大阪の鶴橋駅の1番線。 ええと、それは5月末まででした。 店は正式にシャッターを閉めました

閉店は多くの人を驚かせ、通勤者は5月31日の営業最終日の数日前に店の窓に通知を見つけました。 以下の写真はTwitterユーザーが撮影したものです @ miiko35504411 5月30日に、次のような通知を表示します。

「閉店のお知らせ。 5月31日午前9時に閉店いたします。 何年にもわたってご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 ありがとうございました。”

通知は金鉄小売会社の「ファミリーマート金鉄鶴橋駅ホーム1東店「。 支店の名前が示すように、このファミリーマートは実際に座っていました 駅のホーム、そしてそれがそれを特別なものにした唯一のことではありません—チェーンの他のほとんどのブランチとは異なり、 小さすぎて顧客を収容できないため、ここには引き戸や象徴的なファミリーマートのジングルはありません。

▼店は幅4〜5メートル(13〜16フィート)の狭い台の上にあり、店自体の大きさは約2×2メートルでした。

これらの小さな寸法により、従来のコンビニエンスストアよりもプラットフォームキオスクのように見えましたが、 これは本当に正真正銘のファミリーマートでした、その上の看板で示されているように。 そのおなじみの看板の上には、それ自体の光さえある非常に重要な別の看板があり、その看板は次のように書かれています。

▼「日本最小のファミリーマート「。

ピクチャー: Twitter / @ miiko35504411

このファミリーマートは、2014年3月に全国最小の栄冠を獲得し、それ以来、小さな「マイクロコンビニエンスストア」が工場や病院に出現しましたが、この小規模から一般の人々にサービスを提供したものはありません。

画像: Twitter / @ 2014Fc93

店員によると、このチェーン店は閉店日まで国内最小のファミリーマートでした。 その日が5月31日になると、棚は空になり、スタッフはもうそこにいなくなり、ファミリーマートの看板はすべて白いテープで隠されていました。

▼さよなら、最小のファミリーマート。

ピクチャー: Twitter / @ sounds_of_earth

コンビニの小さな店が真っ只中にあるのを見るのに慣れていた地元の乗客にとっては悲しい日であり、ファミリーマートのユニフォームを誇らしげに着て店の世話をしていたスタッフにとっては悲しい日でした。含む 30年間そこで働いていたと言った一人の女性

チェーンの伝説的なファミチキのような温かい食べ物を仕入れなかったためにビートを逃したように見える支店の閉鎖の公式の理由は示されていませんが、日本の専門家は このようなプラットフォーム上の店舗の一般的な下降傾向、おそらく競争の激化に直面して売上が減少したためです。

店舗構造がどうなるかはまだわからないので、その場所にキオスクが開くのか、それとも破壊されて自動販売機に置き換わるのかを待つ必要があります。 いずれにせよ、ファミリーマートのロボットストッカーの助けを借りて店を運営し続けることができなかったのは残念です。

出典:Yahoo!経由ののりものニュース NewsJapan
注目の画像Twitter / @ 2014Fc93
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本最小のファミリーマートが閉店
Source#日本最小のファミリーマートが閉店

Leave a Comment