日本最古のハンバーガーチェーンの最新支店は、銀座でいくつかのクレイジーな巨大なサンドイッチを提供しています

ドムドムハンバーガーは東京の最も素晴らしい近所になると大きくなります

ドムドムハンバーガー 日本最古のハンバーガーチェーンですが、最も忘れられがちです。 それはおそらく、1963年に設立されたにもかかわらず、全国に30未満のドムドムハンバーガー支店があり、大都市にいても、最も忙しくないことが多いという事実と関係があります。それらの一部。

ですから、最近、ドムドムハンバーが首都の真ん中にある、おしゃれな東京地区の中で最もおしゃれな銀座に新しい支店を開設したのは大したことでした。

この新しい場所にも少し新しい名前が付けられています。 ドムドムバーガープラス。 あなたが取引が何であるか疑問に思っているなら 「スイスグリル」 日除けの右下隅にあるのは、以前は建物の1階にあったレストランの名前ですが、現在は2階に移転し、ドムドムの2階の隣人になっています。

ドムドムハンバーガーが忘れられがちなのは、皮肉なことに 外観と とてつもなく美味しいまるごと(「丸ごと」)のカニバーガーのような印象的なハンバーガー。

▼しばらく前にドムドムの浅草店で試した

高級な支店として、DomDomPlusは さまざまな和牛ハンバーガー メニューには、まるごと蟹と同様に…

…でもこの日、佐藤さんは別の特大シーフードサンドイッチを試してみることにしました。 謙虚な名前のフィッシュバーガー…それでもなんとか衝撃的に見えます!

揚げた魚のスライスは、パンが正確な中心を保持するための部分的な覆いとして機能するので、パンからあまり突き出ていません。 本当に、パンの中よりも外の方が魚が多いです

もちろん、佐藤さんが巨大なハンバーガーについて文句を言うことはないでしょう。 サンドイッチのサイズには少し問題がありましたが、彼はそれを拾い上げて口に詰め込むだけの喉の能力がないことを知っていたからです。 ありがたいことに、ドムドムプラスはフォークでフィッシュバーガーを提供しているので、佐藤さんは銀器を使って延長部分を食べることから始めることができました。

使用した魚はタラの一種であるスケトウダラで、風味豊かで柔らかく、パン粉のサクサク感も抜群でした。

お客さんが自分で魚の一部を食べ​​てくれることを期待して、レストランも提供しています 柳タルタル そして、佐藤さんが訪れた日、 マンタイマヨヤナギ 明太子で作ったもの。

「メンタイマヨネーズは何にでも合います。」 –佐藤さん

ついに佐藤さんはハンバーガーが手で食べられるくらい食べてしまい、その真の可能性を味わう時が来ました。

…そしてそれは、枕のような柔らかいパンと細かく刻んだキャベツの風味と食感が魚と結合して、崇高なおいしい食事体験をすることで、失望しませんでした

高級感あふれるドムドムプラスのサンドイッチは1,000円(7.25米ドル)以上の範囲ですが、佐藤さんが手にしたようなランチスペシャルは890円と安く、手頃な贅沢。 ですから、佐藤さんがすぐにまた食べたいと思っている場所は間違いありません。特に、近所の空想に合わせて、DomDomPlusが 豊富なワインリスト

そして、さらに興味深いものがあります。 ドムドムハンバーガープラスの2階にあるレストラン、グリルスイスを覚えていますか? グリルスイスは日本で初めてカツカレーを提供するレストランだったという噂があります。そのため、ドムドムプラスには他のどの支店でも手に入らない特別メニューがあります。 カツカレーバーガー、GrillSwissとの提携により製造

でも、今は佐藤さんがとても 外観と そのフィッシュバーガーからいっぱい。

レストラン情報
ドムドムハンバーガープラス/ドムドムハンバーガープラス
住所:銀座三丁目中央区東京都
東京都中央区銀座3-5-16
営業時間午前11時〜午後3時、午後5時〜午後11時(平日)、午前10時30分〜午後9時(週末)
Webサイト

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

日本最古のハンバーガーチェーンの最新支店は、銀座でいくつかのクレイジーな巨大なサンドイッチを提供しています
Source#日本最古のハンバーガーチェーンの最新支店は銀座でいくつかのクレイジーな巨大なサンドイッチを提供しています

Leave a Comment