日本政府は、個人の家庭用エアコンをリモートでオフにする権限を求めている、と報告書は述べている

省は、再生可能エネルギー源への切り替えを支援する新しい権限を望んでいます.

一年のほとんどの間、日本の天気は決して快適とは言えません。 冬は寒く、夏は高温多湿です。

しかし、日本政府の新しい計画が承認されれば、これらの季節はさらに快適でなくなる可能性があります。 日本の日本経済新聞によると、先週水曜日の会議で、 省エネルギー分科会経済産業省 する能力を獲得することを目的として、ワーキング グループ ディスカッションを開始することを決定しました。 個人所有のエアコン/暖房ユニットをリモートでオフにする. 目標は、予想される停電時のエネルギー使用量を減らすことであり、委員会は、日本が太陽光発電などの再生可能エネルギー源に切り替えようとしているため、懸念が高まっていると考えています。 利用可能な総エネルギー量を安定させることが困難になります。 同省によると、エアコンの使用は日本の家庭の電力消費量の約 30% を占めています。

技術的な観点からは、この計画の実施は特に難しくありません。 日本のエアコンには昔からリモコンが付いていたので、外部入力は問題なく、多くのモデルでは所有者がシステムをオン/オフしたり、インターネット経由で温度を調整したりできます。 製造業者に政府の規制機関へのアクセスを拡大するよう依頼し、それらの機関に他のインプットよりも優先される機能を与えることで、インターネットに接続された空調ユニットの計画を容易に実行に移すことができ、給湯器も委員会が取得しようとしている別の機器です。 . 戻る能力。

しかし、このニュースに対する Twitter の反応が証明しているように、世間の意見を受け入れるのはそれほど簡単ではないようです。.

「シニスター」
「彼らはクレイジーですか?」
「神を演じる」
「それは、あなたが頭の中で正しくない場合にのみ、あなたに思い浮かぶような考えです。」
「買ったばかりのエアコンがネットにつながらなくてよかった。」
「政府からの別の素晴らしいアイデア。」
「ねえ政府、電力網が私たちを支えられるようにするのはあなたの仕事じゃないの?」
「それで、人が死に始めたら、彼らはこれをやめますよね?」

最後のコメントは誇張のように聞こえるかもしれませんが、熱中症による死亡は日本では珍しいことではなく、少し前の熱波では東京だけで 79 人が死亡しました。 日本経済新聞によると、 委員会は現在、個々の所有者がその権限を与えることに事前に同意した場合にのみ、政府がエアコンユニットを拒否できるという概念に取り組んでいます.

出典:日本経済新聞、 ツイッター
トップ画像:ぱくたそ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

日本政府は、個人の家庭用エアコンをリモートでオフにする権限を求めている、と報告書は述べている

Source#日本政府は個人の家庭用エアコンをリモートでオフにする権限を求めていると報告書は述べている

Leave a Comment