日本史上最悪の熊害の現場は、訪れるのに身も凍るような場所です。

この地域を一人で訪れたくないかもしれません。

日本では毎年クマの目撃情報がありますが、最近では本土でもクマの目撃情報が増えています。 ツキノワグマ あなたが住んでいて、北海道に住んでいます。 大きいウスリーヒグマ、別名 エゾヒグマ

どちらのタイプのクマも危険ですが、 北海道のヒグマは特に恐ろしいです —ヒグマとの遭遇は、そのサイズと凶暴性のために、怪我をする可能性が高くなります。 実際、日本史上最悪の熊害はヒグマであり、何が起こったのかという話は ホラー映画のようなもので、北海道の集落でクマが5日間で7人を殺し、3人を重傷を負わせた。

攻撃はとして知られています サンケベツヒグマ事件北海道苫前町の三毛別六千沢で起こったので、苫前ヒグマ事件や六千沢熊害とも呼ばれます。

事件が一世紀以上前に起こったように、 1915年12月9〜14日、若い世代は文字通り町を汚した恐ろしい攻撃について知らないかもしれませんが、地元の人々は他の人への警告の物語として物語を生き続けることを決意しています。

▼だからこそ サンケベツヒグマ事件復興場所 エリアに存在します。

再構築されたサイトのオンラインレビューには、次のようなコメントが含まれています。一人では行けませんでした「、」不気味すぎる” と “怖くて車を離れられなかった「。 町の公式ウェブサイトは訪問者に次のように警告しているので、これらのコメントは誇張ではありません。昼間でも明るくない「、」この地域には携帯電話サービスはありません「、」ヒグマが現れることがあります“、 と “夜は危険ですのでご遠慮ください「。

▼苫前はまだ比較的田舎の目的地です。

記者の冨樫沙耶はいつもサイトに行きたいと思っていましたが 熊の攻撃を取り巻く彼女の恐怖はいつも彼女を引き止めていました。 しかし、最近の初夏の北海道訪問では、クマとの出会いが最も少ない時期で、この機会を逃すことができないと考え、命を落とした人々に敬意を表する気持ちもありました。何年も前のクマの手。

さやは旅行中に運転していたので、安心できるように車を持っていましたが、現場に車を走らせていると、どうしようもありませんでした。 人員のいないサイトが本当にどれほど安全だったか。 周りに誰もいないので、クマと一緒に道を渡ったら、彼女を助ける人は誰もいないでしょう。 それが起こった場合、彼女が行方不明と報告されるまでに何日かかりますか?

彼女の神経を落ち着かせ、彼女の心がレースをするのを止めるのを助けるために、サヤは 苫前町民俗博物館、彼女は長い間クマと共存してきた町とその人々の歴史についてもっと学ぶことができました。

民俗博物館で、沙耶は当時起こった恐ろしいクマの事件についてもっと学びました 苫前の荒野に人が定住し始めていた。 入植者たちは手作業で土地を片付けて小屋に住み、常にクマを探していたため、入植者の生活は困難でした。

事件の詳細は情報源によってわずかに異なりますが、全体的な説明は同じです— 1915年12月9日、休止状態になかった巨大なヒグマ。 住居の1つを攻撃し、2人を殺しました。

その夜、クマは戻ってきましたが、町民は集落を守るために集まり、クマが家族の小屋の1つを攻撃するのを防ぐことができました。 しかし、その後、クマは別の小屋に移動しました。 それは5人を殴り殺しました。

▼民俗博物館での再現。

クマを何度も目撃した後、小屋を荒らし、住民を怖がらせるために集落に戻ったとき、 山本平吉という有名なクマの狩猟者 ついに12月14日に動物を殺すことができました。 これは恐ろしい5日間の秩序を終わらせ、事件は小説、マンガ、ドキュメンタリー、演劇、さらには 黄色い牙千葉真一監督

ああ、そしてクマ? それはであることが判明しました 長さ2.7メートル(8.9フィート)の340キログラム(749ポンド)の獣。

巨大なクマのことを考えて、サヤは博物館から約25 km(15.5マイル)のところにある「ベアロード「町の中心から山まで走っています。

▼この道は旧集落で終わります。

この地域の恐ろしい歴史にもかかわらず、 ベアロード沿いの標識は、愛想の良い光の中でクマを示しています、クマのかわいい写真が本当にあなたの神経を落ち着かせ、あなたがその事実を忘れるのを助けることができることを証明する 彼らは人を食べる獣になることができます

▼「実際の場所」まで5キロ。

上記の標識によると、悲劇が起こったかつての集落から5 km離れたこの特定の場所は、「内ドーム橋」(「アローストップブリッジ「)。 この名前が付けられたのは、この場所だったからです。 ハンターの一人は、事件の間に最初にクマを撃つことができました、これは最終的に、クマの入植地への攻撃を阻止するのに役立ちました。

しかし、これは本当にクマの領土であるため、道路の終わりに到達すると、かわいい看板の量はあなたの恐怖を静めるのに役立ちません。

▼誰もあなたの悲鳴を聞くことができない場所。

ベアロードにいる間、サヤは車も人間も一人も見ていませんでしたが、今では未舗装の砂利道が森林地帯を曲がりくねって太陽の光を遮り、旅はさらに寂しくなりました。

そよ風に揺れる木のてっぺんの音だけがさやの仲間を維持している 彼女は悲劇が起こった場所に向かって進んだ。 まあ、彼女は確かにそれが彼女の会社を維持する唯一のものであることを望んでいました、なぜならこれはヒグマにとって最高の環境だったからです。

さやは現場まで車で行き、左右を見て動きを確認した後、シートベルトを慎重に外し、車から降りるかどうかを考えた。 彼女が駐車した場所から、1915年に振り返ったように小屋を見ることができ、小屋の後ろから彼女を見つめているのは巨大なクマでした。

さやはクマをじっと見つめ、生き返るかどうかを待ちましたが、ありがたいことにそうではありませんでした。 本物のクマが目撃される可能性が最も低い夏だったことを思い出した後、さやは暫定的に車のドアを開け、動きを聞いて、 グローブボックスからクマの鐘を取り出した。 これらの地域では安全のためにクマの鐘が推奨されているので、彼女はそれをバッグに取り付け、小屋に向かって歩いているときに大きな音を立てて揺れるようにし、周りにいるクマを追い払うのを助けました。

▼これほどの大きさのクマが近くにいたら、さやは救うために鐘以上のものが必要になるでしょう。

この小屋でのクマのレクリエーションは、なんとかして信じられないほど効果的でした。 言葉では言い表せない千の想いや気持ちを表現。 そのような巨人の前にいることは、この再現された状態でさえ恐ろしいことでした、それでサヤはここに住んでいた人々が感じるであろう恐怖とパニックの本当の感覚を得ることができました、特に固い壁のない夜の暗闇の中でそれらを保護するために。

▼今日の北海道の荒野には、これほどの大きさの存在が今も存在していることを理解するのは難しい。

冬眠に失敗したクマは、信じられないほど危険であることが知られています —そして空腹—そしてこの獣も例外ではありませんでした。 クマは小屋自体とほぼ同じ大きさだったので、奇襲の際に逃げることはありませんでした。

小屋の中に足を踏み入れると、入植者の経験がサヤにとって信じられないほどの焦点になりました。 これは小屋というよりは小屋のようなもので、北海道の寒くて厳しくて雪の降る冬に、このようなシンプルな小屋で人々がどうやってやらなければならなかったのか信じられませんでした。

▼これらのアイテムを見て、サヤは現代の家庭の快適さに感謝しました。

当然のことながら、熊の攻撃の後、すべての入植者が去り、少なくとも人間がその地域に人が住むようになりました。 1990年まで北海道で行われていた毎年恒例のクマの狩猟カリングが中止されたため、現在もこの地域にはクマが生息しており、以前よりも多くのクマが生息しています。

▼今日、敷地内の看板が熊害の物語を語り、その隣には、人々がこの地域を歩き回ることができる短いウォーキングコースを示す別の看板があります。

より冒険的な探検家は、「冬眠の穴」と呼ばれる場所を探検することさえできますが、それは間違いなく私たちのレポーターにとっては行き過ぎでした。 事件の現場を示す石碑を通り過ぎた後、沙耶は森林地帯を避けて操縦するのが最善だと感じた。

▼石のクマは、サイトを訪問している間、警戒を怠らない必要があることを強く思い出させるものでした。

静かで綺麗なエリアでしたが、熊害の現場は雰囲気が重く、 クマと小屋の光景は彼女が予期していなかったサヤの悪寒を与えました。 しかし、この場所が将来の世代が体験し、学ぶことができるように維持され保護されているという事実は、今日の野生生物と地元の人々との関係を反映しています。

クマは予測できない敵として恐れられている一方で、観光客を町に連れて行く美しい見た目の獣です。

クマは、上記のような道端の看板や、かわいいぬいぐるみとして販売されている土産物店や、町のマスコットのようなさまざまな商品に登場します。 苫前町はヒグマと複雑な関係にあり、特に恐ろしい攻撃を生き延びた人々の直系の子孫である住民という点では、 彼らは彼らの真っ只中にいるクマと可能な限り平和に共存することを選択しました。

▼ヒグマとの共存は、北海道、特にさらに巨大なレプリカが存在する白老の多くの人々の日常生活の一部です。

沙耶が北海道を訪れたとき、彼女との唯一のクマとの出会いは、ありがたいことに複製された種類のものでした。 しかし、日本ではクマの目撃情報が増え続けており、クマは常に予測不可能であり、 80代の人も攻撃します。

サイト情報

三毛別ヒグマ事件再建場所/三毛別ヒグマ事件臨地
住所:北海道苫前町苫前郡苫前郡
北海道前郡苫前町字三渓
毎年5月上旬から10月末まで休業。詳細はホームページをご確認ください。
Webサイト

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

日本史上最悪の熊害の現場は、訪れるのに身も凍るような場所です。
Source#日本史上最悪の熊害の現場は訪れるのに身も凍るような場所です

Leave a Comment