日本初のジェンダーレスのツーピース水着が学校で採用されるようになりました

同じカスタマイズ可能な、不適合なデザインは、体育の授業で性別に焦点を当てたくない学生の増加のためのオプションです。

フットマーク、日本で学校用水着と水泳帽の大手プロバイダーが提供を開始しました カスタマイズ可能なコンポーネントを備えた日本初のジェンダーレスのツーピーススクール水着。 ボディラインを隠し、上下のパーツが入った水着が発売されるのは久しぶりですが、性別を問わず、個人使用に対応できる共通のデザインが採用されたのは今回が初めてです。 今年は3校で採用する予定ですが、来年は10校で検討中です。 これらの学校の多くは、これまで使用してきた従来の水着と新しい性別のない水着のどちらかを選択できるように準備されているようです。

新しい水着は、全国の学校で使用されている標準的なネイビーブルーの色で提供されます。 上半分はUV保護を強化するために長袖を備え、下半分はリラックスしたショーツで構成されています。 日本では、さまざまな性別のスペクトルを特定する学生のニーズにゆっくりと、しかしますます焦点が当てられており、要素は、すべての学生がPE水泳クラスで自分の肌をより快適に感じるように設計されています。 特に、特定の性別として識別しているが、提示が異なる人が、従来の男性バージョンと女性バージョンのどちらかを選択する必要がなくなります。

さらに、水着に使用されているパターンと素材は、胸、腰、臀部など、個人によって異なる可能性のある体の特定の領域に合わせて微調整することができ、リラックスしたシルエットを維持します。 さらに、追加のパッドを挿入したい学生のために、さまざまな領域の内側の裏地に微妙なポケットが組み込まれています。 運動中にジッパーが外れるのを防ぐために、ジッパーにガードが取り付けられています。

下半分は肌に密着しにくい生地を使用し、下着を内蔵しています。 ショーツの左側と右側に通路がある巧妙な穴も、水中での過度のうねりを防ぎます。

この新しいジェンダーレス水着の開発は重要です。なぜなら、一部の日本の学校は標準的な制服の中でジェンダーに基づいた選択を実施し始めていますが、スクール水着のデザインは昭和時代(1926-1989)から現在の令和までジェンダーによってしっかりと分けられています。だった(2019-現在)。 日本のスクール水着全般の進化は下の図で見ることができます。これは、男性と女性の両方の水着がワンピースのデザインからツーピースのアンサンブルに進化し、男性の水着の股下が徐々に伸びていることを示しています。

▼1970年代から現在までのスクール水着の進化(上が女性、下が男性)

Footmarkのジェンダーレス水着の小売価格は6,380〜6,820円(US $ 47.50〜 $ 50.75)で、10種類のサイズがあります。 自分の学校の水着の若者の日々に懐かしさを感じるかもしれない大人のために、伝統的な水着のこれらの大人のバージョンもチェックすることをお勧めします。

ソース、画像:PR Times
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本初のジェンダーレスのツーピース水着が学校で採用されるようになりました
Source#日本初のジェンダーレスのツーピース水着が学校で採用されるようになりました

Leave a Comment