日本人は旧姓のサポートの欠如のためにパスポートワクチンの申請を批判します

日本政府のデジタルエージェンシーは火曜日に、新しいCOVID-19ワクチンパスポートアプリケーションの欠陥について謝罪しました。これは、乙女の名前を処理できないことで野党議員やオンラインユーザーから批判を集めました。

日本のデジタルエージェンシーが月曜日に発売してから25万回以上ダウンロードされたスマートフォンアプリは、人口の約40%が保有するいわゆるMyNumberIDカードを受け取った人にのみ機能します。

しかし、旧姓やエイリアスを使用している人のデータをアップロードできなかったため、代理店からのTwitter投稿で謝罪を促し、「近い将来」に問題を解決することを約束しました。

同庁への書簡の中で、野党立憲民主党は、「デジタル庁は、そもそも男女平等の見方を欠いており、このように立ち上げた」と述べた。

ワクチン用のパスポートアプリは、コロナウイルス感染や新規変異の急増が懸念される中、経済を再開し、旅行を再開するという日本の計画の一部です。

政府の技術向上を目的として9月に設立された政府機関によるその立ち上げは、多くの国や企業や地方自治体の役人によってリリースされたサードパーティバージョンの立ち上げに続きました。

ソーシャルメディアユーザーはアプリのデビューが遅れたことに不満を漏らし、乙女の名前を扱うことができないことは、既婚女性が自分の名前を保持することを禁じている日本の法律に関する長年の議論を復活させました。

中部大学の玉田敦子教授は、ツイッターでこのアプリを批判し、そのデザインが男女平等に対する政府の姿勢について明らかにしたことを批判した。

「これは女性の権利を守るという観点からは問題だと思う」と玉田氏は語った。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本人は旧姓のサポートの欠如のためにパスポートワクチンの申請を批判します

Source#日本人は旧姓のサポートの欠如のためにパスポートワクチンの申請を批判します

Leave a Comment