日本は2021年度に児童虐待に対処するプログラムを開始する

日本の厚生省は金曜日に、2021年度中に、児童虐待の兆候のある世帯に家事や子育てを支援するためのヘルパーを派遣する新しいプログラムを開始することを決定しました。

同省は、これまで予想されていた2022年度ではなく、来年3月までの1年以内にプログラムを開始する予定である。 関連する支出は、金曜日に採択された政府の2021年度財政補足予算案に含まれています。

同省によると、必要な準備が完了するまでには時間がかかるため、準備が整った市町村からプログラムが開始される。

同省は、福祉大臣に助言する社会保障理事会の専門家委員会と児童福祉法の改正案について話し合っている。

同省は、来年の定例会期に、市の保育支援強化策を盛り込んだ検討案を提出することを目指している。

プログラムの利用を促進するために、省は地方自治体に個々の世帯のための支援計画をまとめることを強制するでしょう。

同省はまた、母体の健康や児童福祉の問題を含む地方自治体の支援拠点を再編成することにより、妊婦と子育て世帯を支援するための統合相談サービスのための組織を創設することを計画している。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は2021年度に児童虐待に対処するプログラムを開始する

Source#日本は2021年度に児童虐待に対処するプログラムを開始する

Leave a Comment